読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法、魔術について合理的に考えてみるブログ

「魔法使いになりたい」、という欲望について真剣に考えてみました。

努力術と暇術

魔術について

 「努力」という言葉は、何かと難しい言葉ですよね。何か、血眼になって精神論を追及し、身体の損傷をもろともせず、猪突猛進すると言ったようなイメージがつきまとっている、なんとも、難しい言葉です。

 しかし、僕が、使う意味での「努力」という言葉は、そういった感じのものとはちがっているかもしれません。

 集中力とでも言い換えればいいのでしょうか。行動継続可能時間、とか(笑)。その方が精神論的雰囲気が取れて具合がいいのかもしれません。

 「努力が足りない」などと言うと、ブラック企業のイメージとも重なってしまいますので、やっぱり、努力という言葉は上手くないのでしょうか。賛否両論かと思います。

 難しいですね。言葉って。なかなか上手く言葉にならないことっていっぱいありますからね。その意味では、世の中は魔法だらけですね(笑)。楽しいことです。研究材料が、その辺に山ほど転がっていますから。

 もしも、先にあげたような、ブラック企業的な? 努力のイメージに囚われて苦しんでいる人がいたら、そのイメージは払拭してしまってもいいのではないかと思います。もっと気軽に構えてもいいのではないかと。

 言うなれば、無理をしても努力は続かない、みたいなことですよね。無理をしても行動継続可能時間は長くは続かない、と言い換えてもいいかもしれませんが。

 無理に、何かを背負ったりとかはしない方がいいと思います。そういうことは、とりあえずは、そういうことができる人に任せておきましょう。多少、軽薄だと言われるとしても、気が向いた時に、気が向いただけ、何かをやってみるというのでも全然いいのではないかと思います。そうしていくうちに、行動継続可能時間も、増えていくのではないかと思いますので。

 時には、何もしないでぼうっとする時間だって、必要ですよね。そう思います。無理することはないと思います。色々なめぐりあわせの問題もあるでしょうしね。基本的に、ふつうの自由人になれば、必ずしも特別なことをしなくても、それでいいのではないでしょうか。

 努力という言葉に、変に気負ったりしなくてもいいのだと思います。むしろ、巷で言う精神論的な意味での努力の意味合いで言うのなら、努力しない努力をしてもいいくらいかもしれませんね(笑)。おもしろいですね。努力しない努力って。気が向いたら、ぜひトライしてみてください。

 

Take your make up off,

Let your hair down,

Take a breath,

Look into the mirror, at yourself,

Don't you like you?

Cause I like you.(Nightcore,Try,歌詞より引用)

 

 僕、たまに思うんですけど、お金で困っている人がたくさんいるのなら、お金の価値を下落させてしまえばいいのではないかって。

 そのためには、無料で楽しめるようなコンテンツをたくさん増やして、それを多くの人たちに知らせてやればいいのではないかみたいなことは思ったりしますね。

 僕の場合、だから、無料で、情報を公開したりみたいなことする面も無きにしも非ずかもしれません。

 小説って言っても、ネットにいっぱい上がってますしね。いくらでも、時間潰せるくらい。無料の音楽もいっぱい。

 だからもうすでに、ある意味、ネットさえあれば、時間を潰すのには困らないのかもしれません。

 この傾向が続いたら、お金の価値って、どんどん減って行ったりしないのかな?

 とはいえ、今のところ、お金がないとできないこともいっぱいあるし、なかなか難しいのかもしれませんけど。

 でも、未来にはどうなってるか分からんですし、楽しみですね。もしかしたら、お金自体の価値が、無くなってたりして(笑)。食糧問題とかエネルギー問題とか全部解決しちゃって、仕事とかもロボットとかが担うようになったりしたら、お金の価値とかどうなるのでしょうね。人類やることない(笑)。でも、暇や遊びから生まれるものってバカにいならないことも往々にしてあると思いますしね。おもしろいです。

 いずれにせよ、将来どうなるかとても楽しみですね。

 そうなると、ブラック企業とか、ってどうなるんだろう? やっぱりなくなっていくのかな?

 仕事が無くなったら、ブラック企業もなくなるのかもしれません。もしかしたら。

 本当にどうなることやら。

 いい方向に行ってくれるといいですね。

 そのためには、がんばる人ものほほんとした人もどちらも必要なのかもしれません。結局、色んな人がいることで、社会って回ってますからね。両者ともそれなりに仲良くやっていけたらいいんですけど、時々、喧嘩も起こってますね(笑)。喧嘩くらいならいいんですけどね。暴力沙汰とか、あまりにも相手の心を深く傷つけてしまうみたいなことにならなければ。

 みんな、信条も大切にするものも違っていますし、現実的に、それを一つに集約することは無理なんじゃないかと思います。無理に一つにしようとするのもなんか気が引けますし。

 人それぞれ、なんて言ったら、元も子もないのかもしれませんが(笑)。それ以外に言いようもありませんね。うん。人それぞれ。

 そもそも、僕の言ってる魔術って、そういう意味合いこもってますしね。マイナーに、人それぞれに、みたいな。

 僕、よく本読むんですけど、それで思うのが、どれもおもしろいな、ってことです。面白くない本なんてないんじゃないかというくらいに。辞書とか読む人少ないかもしれませんけど、読んでみるとけっこうおもしろいですよ。いろんなこと書いてて。でも、人生の時間は有限ですので、やるのは自己責任でお願いします(笑)。世の中の作家のみなさんには感謝ですね。アマチュアの小説家も職業小説家も。いつもおもしろい作品をありがとうございます。

 この楽しさで、いじめとか失くなってくれればいいのですが。なかなかそうもいかないのかもしれません。色々と、世の中には鬱積したものも多いのかと思います。

 こんなこと言ってられない、貧困の人とかもいるでしょうしね。そもそもネットにつなげなかったり、活字に触れる機会があまりなかったり。

 ぜひ、図書館とか行けばいい、と、僕なんかは思いますけど、なかなかそううまくもいかないものなのかもしれません。そもそも、図書館に行くという発想自体が出てくるためには、相応の環境が必要でしょうし。ネットにつなぐという発想も然り。 お金や暇がなかったら、それもできない。

 すると、誰かが、情報を教えて上げたり、何かの援助を施すということが、必要になるのでしょうね。

 案外、町全体が、路上ライブでにぎわったらおもしろいかもしれない(笑)。「芸術の都」みたいな感じで。そうしたら、ネットとかにつなげない人も音楽に触れる機会が自然とできますね。

 それで、絵描きなんかも、いっぱい街の中に溢れていたりなんかして、子供に絵の描き方教えたりとか、美術理論の話をしたりとか。

 もっとも、それをやるためには、それこそ、「暇」が必要ですが。暇というのは存外バカになりませんね。新しいことをするチャンスですから。

 ミュージシャンの方々、地元の方でも都市の方でも。路上ライブお願いします(笑)。現時点でもいっぱいいるとは思うんですけど。もっともっと溢れたら面白いかもしれない。絵描きの方も是非。物語の読み聞かせとかもいいかもしれませんね。詩人みたいな感じに。すごい記憶力必要ですけど。そこは即興的にお願いします(でも、今の世のなかでやると不審者とかになっちゃうのかな?(笑)どうなんだろう?)。

 ポイントは無料で行うことかもしれません。お金がない人たちに、作品を届けたいわけですから。

 その暇を如何に作るか、というのが問題になりますね。そのためには、技術を効率化するといいんでしょうけど。勉強のノウハウを確立して、勉強時間を減らしたりとかもそうだと思いますし、端にいわゆる技術の効率化でもいいと思いますし。

 暇を作るというのが大切なのかもしれません。

 がんばるのも、暇に、あるいは気負わずに過ごすのも、どちらも大切なことなのでしょうね。両者とも、それぞれの立場で、うまくやっていけたらいいですね。