魔法、魔術について合理的に考えてみるブログ

「魔法使いになりたい」、という欲望について真剣に考えてみました。連絡先アドレス:「mmaazzyyuu@gmail.com」 何かありましたらまずはお気軽にご相談ください。基本的には何でもどうぞ。できることには無論限りはありますが。

ノアの手紙――蛹篇

「とりあえず、この三人を殺してくれればいい」

 そう言って、男は三枚の写真とその人たちに関する資料をテーブルに広げた。

 ノアは、それらの資料をひと通り見て、記憶すると、その場を去った。

 ノアはバッグの中から、ナイフを取り出してみた。

 月明かりに照らされていた。

 光源からの距離や蒸気、風の具合、それらの情報が同時に頭の中に流れ込んできて、一瞬、ナイフがねじれて見えた。

 

 ――世界はまっすぐじゃない。ねじれているんだ。

 

 誰かがそう言ったが、それが誰なのかはノアにはわからなかった。

 ノアは、大きな工場の前に立っていた。その工場は、幾人もの警備員とセキュリティシステムに守られていた。

 ノアは、暗号をまず解読する。

 次にロックを解除する。

 そして、警備員の運動を全て予測する。

 そのまま、彼らの目に留まらないようにしながら、工場の中を分け入っていく。

 ノアは昔からこの手のことには慣れていた。

 ノアの家系は、殺し屋の家系だった。だから、隠密行動はお手の物だった。

 ノアには双子の妹がいた。彼女は、ノアよりもずっと目立つ。そして、ある時、殺し屋をやめて、どこかに行ってしまった。父はそのことでとても怒った。あの時の父の権幕は今でも忘れられない。父がどうしてあそこまで起こったのかは、ノアにも、わからなかった。

 と、どうしても通らなければならない扉の前で、警備員が二人。

 ノアはナイフを抜いた。

 さっと警備員の背後を取ると、そのまま、通りすがりざまに、首を掻き切った。

 さぁっと血飛沫が上がる。

 驚いたまだ生存している警備員が急いで銃を抜いた。

 ノアはサプレッサーを装着した銃で、その脳天を打ち抜くと、そのまま、扉のセキュリティを解除し、工場の中に入った。

 工場の中は白い光で満ちていた。蛍光灯。

 ノアは、まず警備室の警備員をころし、工場のセキュリティシステムをダウンさせる。

 監視カメラの映像から、殺害対象の姿を見定め、しばらくそれを眺める。

 ノアの脳裏に対象の行動パターンがトレースされる。

 すると、ノアは、その殺害対象の動きを予測しながら、その元へと向かう。

 殺害対象は、工場内の喫茶室と思しきところで、お茶を飲んでいた。

 まるで、ノアがここに来ることがわかっていたようだった。

 殺害対象は、銃を抜くと、ノアになんのためらいもなく発砲した。

 ノアは、柔軟に身体を運動させながら、銃弾を避け切ると、ナイフを殺害対象に向かって投げた。

 勝負はあったように見えた。

 しかし、相手にはボディーガードがいたようで、そのナイフは叩き落されてしまった。ボディガードの存在は、ノアの認識外にあった。

 ノアはそのことをとても疑問に思う。今まで、敵についての情報を見逃したことがなかったので、余計にいぶかしかった。もしも、ノアの予測を越えられる誰かがいるとすればそれは……

 

 ノアの目の前に、彼女の双子の妹のリリスが立っていた。

 

 ノアはたじろいでしまった。

 リリスは、銃を抜いた。

 ノアは気をとりなして回避しようとしたが、リリスの銃弾を左腕に受けてしまった。とても痛かった。

 ノアは撤退しようと思った。

 ――左腕を失った状態では、リリスには勝てない。

 左腕は、ノアの利き腕だった。

 ノアは、すぐに退却しようと、部屋から出た。

 リリスは、すぐに追ってくる。

 銃弾がノアの右耳をかすめる。

 ノアは焦った。

 死の危機を感じた。

 手榴弾を使う手もあったが、できれば、最後の最後まで使いたくはなかった。

 爆発物を使っては、隠密行動の意味がない。

 そして、困ったことに、リリスはノアよりも足が速い。

 状況は絶望的だった。他の警備員もノアを追ってきた。

 ノアは、

 ――ああ、死ぬんだな。

 と思った。

 思えば、人を殺すだけの人生だった。

 本当にそれだけだった。

 今のノアには、何も自分と呼べるものが残っていなかった。人を殺して、殺して、特別に意味もなく、殺して、ただ仕事だから、殺して、それだけで……

 それが、ノアの定めだった。目的なんて何もなかった。

 ノアは何か言った。

 しかし、ノアには自分が何を言っているのかもわからなかった。どんなに言葉を紡いでも、その音は無限の虚無に吸い込まれていってしまう。

 ノアは、警備員の持っていた銃を奪っては、リリスに向けてそれを連射するということを繰り返した。

 そうしているうちに、右手はどんどんしびれていく。

 一人、殺す。二人、殺す。三人、四人、五人、六人、……

 ノアは、自分では今まで気づいていなかったが、自分がずいぶんと罪の意識にさいなまれていることを知った。心は、痛みばかりであふれかえっていた。

 ノアは自分がノアであるということすらももう、確信を持つことはできなかった。生きている意味なんてないのだ。

 ――闇雲に生きてきて、闇雲に死ぬ。バカみたいだ。一体、何のために今まで生きてきたのだろう?

 ――所詮、自分にはこれが限界なのだ。

 ――何一つ、何一つ、抱きしめることもできないままで。

 ――すべて夢だ。

 

 すべて

 

 名もない感情が胸の中を流れていく。そのたびに、罪の鼓動を感じた。

 ――私はあまりにも穢れ過ぎていたのだ。

 もう銃を撃つのは限界だった。右手はしびれて動かなかった。

 サイレンが鳴り響いていた。

 警備員も集まってきている。

 ノアも出血により疲弊していた。

 うまく警備員の目を欺けたとしても、リリスの目までは欺くことはできない。

 それに――……

 

 ……――生きているのはもう嫌だった。

 

 リリスがノアの目の前に立っていた。

 リリスはノアに銃を向ける。

  

 ノアがリリスに笑いかける。

 リリスはそれと同時に、銃の引き金を引いた。

 

 死の間際、ノアは思った。

 

 ――嘘なんてつけないのだ。どんなに冷酷になろうとしても、どんなに心を凍らせても、どうしても苦しいものは苦しいのだ。

 

 ――これでやっと、楽になれる。

 

 ノアの死に顔は、とても安らかだった。

 

 ――ありがとう、リリス。抱きしめられなくて、ごめんなさい。

 

           

                                ノアより

 

 

 

 

枯れ行くパトスでは

破れるだけ

痺れた右手じゃ抱き締められない(雄之助,『Pathos』歌詞より引用)