読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法、魔術について合理的に考えてみるブログ

「魔法使いになりたい」、という欲望について真剣に考えてみました。

僕の好きなお菓子

直観術実践事例

 僕、洋菓子も好きなのですが、和菓子も結構好きなんですよね。でも、若いころ? は、あんまり和菓子食べれなかったです。徐々に和菓子も食べれるようになってきましたね。慣れが物を言うようです。

 そう言えば、昔とか、珈琲もうまく飲めなかったですね。あんまり苦くて(笑) 実は今でも、ちょっと苦手なんです。大分かも知れない(笑)珈琲をスッと飲める人って羨ましいなと思います。かっこいいですよね。

 なんか、色んなお菓子を食べる時期と、ひとつのお菓子しか食べない時期とかありませんか? 僕そんな感じです。それで、珈琲を飲むのにちょっとつかれたら、緑茶を飲んだり。緑茶ってなんか、珈琲より飲みやすいような気がして。でも、紅茶が一番かな(笑)。でも紅茶って結構高価な気がする。いや、ぼく個人としては、値段以上の価値があるのですが、田舎だとなかなか店に置いてないので、ちょっと寂しい気がします。紅茶ばっかり飲んでいられたらいいな、と思うこともあるんですけど、紅茶の葉ってすぐに香りが無くなっちゃうんですよね。後には、葉っぱだけ残って、匂いはどこかに行っちゃう。それで少し悲しい気分になることがあります。置いていかれたような気がして。

 それにしても、色んなお菓子を食べれるようになったのもつい最近のことかな、と思います。和菓子ってけっこう食べるの難しい。

 洋菓子の方が個人的に食べやすいですね。それは今でも変わらないみたいです。

 洋菓子由来の和菓子とかもありますよね。カステラみたいな。南蛮菓子っていうんですかね、あれ。あれは大好きですね。洋菓子のいいところと、和菓子のいいところが良く合わさっているような気がして。でも、元は洋菓子なんですよね。それが、日本に輸入されて、徐々に日本人好みになっていったのかもしれません。この辺りは、知識が浅いところなので、もっと欧米と日本の文化の両方にくわしい方に聞いた方がいいかもしれません(普通に知識間違ってるかも(笑) でも、フロイトによれば、錯誤行為には、その人の本心が隠れているそうなので、そのままにしておきます)。

 でも、日本人なのに、和菓子が苦手なのって、おかしいのかな、と思った時期も多少あったのですが、けっこう世の中には和菓子が苦手な人もいらっしゃるみたいで、あんまり孤独感は感じなかったかもしれません(もちろん、程度問題ですが(笑))。けっこう勇気づけてもらいましたね。僕の周囲だと、和菓子食べる人の方が多かったので余計に(家族はあんまりお菓子自体食べないかも。例外もいますが)。

 ただ、僕は、なんと言っても、ポテトチップスが好きですね。体に悪いかな?(笑) でも、好きなんですよね。

 いわゆる洋菓子とか和菓子に比べると、新時代のお菓子ですよね。ポテトチップス。脂っぽくて、カロリー高くて、あんまり食べ過ぎちゃだめなんだろうな、と思いつつ、食べちゃうんですよね(笑)。美味しいです。。

 賢い人とかは、お菓子よりも、野菜を食べる人の方がおおいのかな? どうなんだろう? ジョブズとかって、菜食主義者でしたっけ? カフカとかどうだったかな。菜食主義者だった気も。

 野菜をいっぱい食べる人には頭いい人が多いのかな?(笑)

 そうそう。みなさん、「アルフォート」っていうチョコレートご存知です? 僕あれ大好きなんですよ。あのチョコレートの上に船の絵描いてるやつ。すごい美味しいですよね。よく食べてます。そうそう。そうだね。ポテトチップスも好きですけど、なんと言っても、アルフォートが一番です。アルフォート大好き。

 和菓子とかだと、牛皮のやつが好きかな? 苺っぽい牛皮とか。好き。羊羹は、保存がきくので重宝しますが、普通ですね。最中は、いいやつはサクサクとした食感で、美味しいですよね。ただ安いのもそれなりに乙なもので、ちょっとぐにゅぐにゅしてますけど、なんかかわいいですよね(笑)ぐにゅぐにゅ。かわいい食感がします。それに、ある意味、シンパシーも感じますね。なんとなくその食感に(笑)。ああ、自分の中にも最中的な何かが根付いているなって(笑)。多分、みんなそういう最中的な何かを抱えながら生きているのかな、と個人的に思います(もしかしたら野菜を食べる人とかはそうではないのかも)。

 でも、やっぱりアルフォートですよね。甘いもの系では、一番な気がする。チョコレート大好き(笑)。アルフォートに紅茶がついてたら、もう最高ですね(笑)。ついでにカステラも欲しいところです。甘いもの食べ過ぎか(笑)。

 

 そう言えば、アルフォートという言葉は、造語なのだそうです。不思議な言葉ですね。