読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法、魔術について合理的に考えてみるブログ

「魔法使いになりたい」、という欲望について真剣に考えてみました。

「信頼できる人の特徴」についての分析

魔術について

みなさん、こんばんは。

 

今日は「信頼」とは何か? そして、「信頼できる人はどのような特徴を持っているか」について考えてみたいと思います。

 

さて、では、信頼とは何でしょうか?

 

これは、「正しく助けてくれるものとして疑わない」ことです。

誰かを信頼した場合、その誰かが自分を正しく助けてくれるものとして疑わない、ということ。

 

つまり、信頼の成立要件のポイントは三つ。

 

1.正しい

2.助けてくれる

3.疑わない

 

つまり、信頼できる人とは、

 

1.正しい人

2.助けてくれる人

3.疑わなくて済む人

 

のことであると考えることができます。

 

一つずつ見ていきます。

 

まず、正しい人は、「多様な情報を大量に論理的に保持」しているでしょう(当ブログの正義術など気が向いたらご参照ください)。

 

では、助けてくれる人はどのような特徴を持っているでしょうか?

大きくは次の三つの特徴を持っているでしょう。

 

1.寛容である

2.誠実である

3.優しい

 

 まず、寛容でなければ、困っている人を助けようとはせずどちらかと言えば見捨てるでしょう。

 それに、誠実でなければ、立場の弱い人や困っている人のことをだましたり、搾取したりするでしょう。

 そして、優しくなければ、わざわざ自分の身を削ってまで、人を助けようとは思わないでしょう。

 つまり、あなたを助けてくれる人は、「寛容」で「誠実」で「優しい」というふうに考えることできます。

 

 さて、「疑わなくても済む人」とはどのような人か。

 

 まず、「疑う」とはどういう意味なのでしょうか?

 これは、「本当かどうか不安に感じること」です。

 

 つまり、相手があなたに対し「嘘」を言っている可能性がある場合、こうした不安が生じます。

 

 では、嘘とは何か?

 これは、「正しくないこと」です。

 

 つまり、「疑わなくても済む人」とは、「正しい人」のことであるというふうに考えることができます。

 

 以上のことから、信頼できる人はまとめて、次の六つの特徴を持っていると考えることもできます。

 

1.多様な情報を保持している

2.大量の情報を保持している

3.論理的な情報を保持している

4.寛容である

5.誠実である

6.優しい

 

 さて、これらの特徴をさらに分析してみましょう。

 

 まず、「寛容」でなければ、自分とは違うものを受け入れることはしないでしょう。したがって、寛容でなければ、多様な情報や大量の情報は保持しないと考えられます。

 次に、「誠実」でなければ、自分に都合のいいものにだけ肩入れするので、所持している情報に偏りや偏見が生じるでしょう。つまり、多様な情報ではなく偏った情報を所持することになってしまう。

 そして、「優しく」なければ、間違った論理を平気で人に押し付けてしまうでしょう。つまり、人が間違ったことをして損をするのを平気で見ていることができてしまう。

 

 つまり、

 

1.多様な情報を所持している

2.大量の情報を所持している

3.論理的な情報を所持している

 

 ことと、

 

1.寛容である

2.誠実である

3.優しい

 

 こととは、同じことであると考えることができます。

 

 つまり、信頼できる人とは、「寛容」で「誠実」で「優しい」人のことであると考えることができます。

 

 さらに分析します。

 

 まず、「寛容」であれば「優しい」でしょう。「優し」ければ「誠実」でしょう。「誠実」なら「寛容」でしょう。

 

 よって、次のことが言えます。

 

 寛容=優しい=誠実

 

 以上のことより、「信頼できる人とは誠実な人のこと」、であると推理することができます。

 

 また、信頼できる人には、次のようなメリットがあると、これらの帰結から考えることができます。

 

1.正しい有利な情報が得られる

2.こちらが正しいふるまいを日頃から心がけていれば、いざという時に助けてもらえる

3.詐欺にあわなくて済む

 

 したがって、有利な情報が欲しかったり、困ったときに助けてもらいたかったり、詐欺にあいたくなかったりする人は、極力、誠実な人とお付き合いするのもひとつの手かもしれません。

 

 誠実な人には、このようにかなり有利なメリットがありますので、みなさん誠実な方を見かけましたら、大切にしてあげてください(笑)きっとあなたが困った時に助けてくれると思います。

 

 では、次に、「信頼できる人の具体的な見分け方」について考えてみましょう。

 

 まず、信頼できる人とは、誠実な人のことでした。

 

 したがって、この誠実さを測定することができれば、その人が信頼できる人か否かをある程度見きわめることができると考えられます。

 

 さて、ここで例の式を思い出してみます。

 

 寛容=優しい=誠実

 

 この式を利用しましょう。

 

 つまり、誠実な人とは、寛容で優しい人のことです。

 

 まず、寛容さを測ってみましょう。

 

 これを行うには、相手の懐の深さを測ってみます。

 つまり、相手の予想外のことをしてみて、それで相手がどの程度パニックを起こすかどうかを調べてみるなどの手法が考えられます。

 もしも、あなたが予想外のことをした結果、相手がパニックを簡単に起こすようでしたら、その人はあまり寛容ではないのかもしれません。

 逆に、パニックを起こさず、あるいはパニックを乗り越えて、あなたに向き合ってくるようでしたら、その人は寛容な人である可能性が高いであろうと推理することができます。

 

 次に優しさを測ってみましょう。

 

 これを行うには、相手の思いやりの深さを測ってみます。

 つまり、「思慮の深さ」を見てみればよい。

 相手が思慮深いほど、その人は優しい可能性が高くなります。逆に、思慮が浅いのであれば、その人はあまり優しい人ではないのかもしれません。

 

 よって、相手が信頼できる人であるかどうかを見るには、次の二つの項目について測定してみればよいと考えられます。

 

1.パニックの起こしやすさ

2.思慮深さ

 

 パニックを起こしやすいほどその人は信頼しづらく、思慮が浅いほどその人は信頼しづらい、というふうに推理することができます。

 

 つまり、信頼できるパートナーを見つけたい場合には、パニックを起こしづらく、思慮深い人を探せばよいということになります(完璧にパニックを起こさない人というのはおそらくいないかもしれませんが(笑)これは程度問題ですね)。

 

 しかし、こうした人は、おそらくなかなか目立ちづらいので、なかなか見つけるのは大変かもしれません。「深い川は静かに流れる」というふうなことわざもありますね。

 

 逆に言えば、そういう優良な人は結構見つけづらかったりしますので、うまく出会うことができて、あなたが相応に正しい行いをしていれば、仲良くなるのにはさほど苦労しないかもしれません。何せ、相手は寛容で優しく誠実な人なわけですから。

 

 また、「残り物には福がある」とも言って、善いものというのはけっこう見つけづらかったりしますので、みんなが取りこぼしていることもよくあるようです。そんなわけですので、遠慮深い人思慮深い人に回ってくる「残り物」の中に、意外に善いものが回ってくるようにできているようです。ですので、残り物というのはそんなに悪いものではないのでしょうね。世間では、「売れ残り」などというふうな自虐も存在するようですが、そんな人も、残り物の中にある「福」である可能性が高いと思いますので、あまり卑下なさることはないと思います。優れたものが必ず評価されるわけでもありませんね。

 

 我先に、と人を出し抜くよりも、優しい誠実な人になった方が、結果的に得をしやすいのかもしれません。

 

 誠実な人に出会いたい場合には、まずは自分が誠実な人になるのがいいのかもしれませんね。「お金のため」、とか「肩書のため」、とか「体目当て」、とかじゃなく。誠実に真心で人と向き合うことができたら、それが理想と言えば、理想なのでしょうね。極めて難しいですが(笑)難しいからこそ、「希少価値」があるということもありますね。「誠実な愛」というのは、この世界で最も希少価値の高いものであるかと思います。

 

 僕もがんばって、極力誠実であれるようには頑張りますが、なかなかに世知辛い世の中ですからね。

 

 人生の荒波にもまれて、結構性格歪んじゃってるかも(笑)

 

 みなさんは、僕みたいに性格歪んだ人間になっちゃだめだぞ☆

 

 ぜひ、誠実な人間になって、誠実な人と結ばれてくださいませ~♪

 

 

P.S.とは言え、不誠実な人も場合によっては魅力的ではありますよね(笑) ダークな魅力とかあるじゃないですか。そんな感じ。

できれば、誠実な人と不誠実な人を両取りしていきたい気も(笑)

いけないいけない……

  

あんまり欲張りになると罰が当たりますね(笑)

 

誠実な人が好きな方は誠実な人と、不誠実な人が好きな方は不誠実な人と、結ばれるのが一番いいのかもしれませんね。

 

 

今日のポイント

 

1.信頼できる人はパニックを起こしづらい

2.信頼できる人は思慮深い

魔術師の「戒律」を考えてみた――魔術師になる方法

魔術について

 今日は、魔術師の「戒律」を考えてみます。

 

 魔術師の戒律とは「魔術師が守らなければならない規則」のことです。

 

 しかし、魔術師は、「自由」を何よりも重んじます。したがって、本来は特に戒律などはないというふうに考えることもできます。

 

 とは言え、修業? の途中段階にある場合には、――つまり未だ魔術師になれていない段階においては――ある程度、「方便」というか、「魔術師のなり方」として有効かもしれません。とりあえず、百個上げておきますので、後はみなさんでご自由に研究なさってくださいませ。順次、こちらでも戒律や魔術についての研究をすすめて、より詳細で有効な魔術師養成手法について考えてみたいと思います。

 

 では、百条。ご興味おありの方はお付き合いください。ただし、いつものことですが、このブログの記事を決して鵜呑みにすることはないように。ご自由に御自分たちで想像なさって見てくださいませ。十分に自分で検証してみて、その上でも、妥当な戒律だと確かに思われる場合にのみ、御自分でこの戒律を利用してみてください。お好きにどうぞ(ここに書かれた戒律はあくまで僕の個人的な流派に過ぎないので、あしからず。僕のやっていることにご興味おありの方はご自由にご参考下さい)。

 

 

1.ドゥルーズ=ガタリの『アンチオイディプス』と『千のプラトー』の二冊を持つ。

2.毎日最低五ページずつ、上記の二冊の文章を読み進める(最初は何もわからなくてもよい。「とにかく」読み進める。二冊とも一周したら再び最初から五ページずつ読み始める)

3.毎日好きな歌を最低一曲歌う。何でもよい。

4.毎日好きな絵を最低一枚描く。何でもよい。

5.毎日好きな料理を最低一品作る。何でもよい。

6.毎日最低五分瞑想する。何分でもよい。

7.物を見たら、その物が作られた経緯について思考する。(なぜ作られたか?)

8.人を見たら、その行動の経緯について思考する。(なぜその行動をするのか?)

9.人や物を見たら、その長所と短所を最低三個ずつ偏りなく見つける。何個でもよい。

10.「情報とは何か」について研究する。

11.自分とは違う価値観を包摂する。

12.異なる価値観を持つ者同士を調停する。

13.「自由とは何か」について研究する。

14.「奴隷とは何か」について研究する。

15.毎日最低十分運動をする。何でもよい。

16.毎日最低五分思い付いたキーワードを順に全てネットで検索する。何でもよい(できれば、図書館などでの「調べもの」および「乱読」も習慣づけることができるとなおよい。ただ、最初はネットだけでも良い。自由にのびのびと連想することを学ぶ)。

17.魔術師同士で絆を結ぶ。どんな絆でもよい。

18.基本的に攻撃や牽制をしない。

19.攻撃や牽制は確かに正当な場合にのみ最低限必要な分だけ行われる(正当防衛)。

20.自分の価値観を相手に押し付けない。

21.アサーションを行う。

22.何かの振る舞いや現象を見たら、それが「正当」であるかどうかを逐一検証する。

23.性善説を試しに信じてみる。何度信じてみてもよい。

24.基本的に、提案や助言はいくらしても良いが、いかなる強制もしない。

25.如何なる資源も喰い潰してはいけない。

26.仲間の魔術師を援助する。どんな援助でもよい。

27.無益な殺生はしない。

28.基本的には極力目立ち過ぎないようにする。

29.「縁の下の力持ち」となる。

30.必要な分の名誉やお金以外は人のために用い、自分はひたすらに能力を磨く。

31.「熱狂」に常に注意する。

32.「事実とは何か」について研究する。

33.仲間の魔術師を信頼する。ただし、常に正当性の検証は行い続ける。

34.「完璧な人間とは何か」について研究する。

35.「詭弁とは何か」について研究する。

36.最も人を助けた魔術師を、最も尊敬する。

37.事あるごとに推理を行う。

38.「法とは何か」について研究する。

39.基本的には、積極的には群れない。

40.十分な正当な理由がある場合には、団結を行う。

41.戦争や紛争を未然に防ぐ。

42.集団が正当性を著しく欠く場合には、その集団をできる限りは修正する。

43.戦争が起こった場合、できる限りは戦争に加担せず、戦争を即時終結させる。

44.「政治とは何か」について研究する。

45.「どうすれば自分や魔術師たちの身を守れるか」を常に考え続ける。

46.「ユダヤ人」について研究する。

47.基本的には中立の立場を取る。

48.正当な理由が確固として存在する場合に限り、敵国にとって、魔術師を侵略することによって得られる利益よりも、魔術師の抵抗や国際社会からの制裁によって生じる損失の方が大きくなる状況を作り出すことによって、国際紛争を未然に防ぐ戦略を取る(「スイス」の防衛戦略参照)。

49.どこまでも優しくあれ。

50.「優しさとは何か」について研究する。

51.基本的には、あらゆる事柄に対する深い知見と洞察力、行動力を持ち、常にあらゆることを検証し続け、またその磨き上げた能力でもって、多くの人たちを助けようとする「優しい」者(あるいはそのようにあろうと日々努力している者)に魔術師になる資格が与えられる。

52.なお、魔術師の母親から生まれた子供については、無条件に魔術師となる資格を得る。

53.「統計」について研究する。

54.「論理」について研究する。

55.「詐欺」について研究する。

56.「商売」や「マーケティング」を常に警戒し、本当に自分に必要なものを見極める。

57.「武術」について研究する。

58.「護身」について研究する。

59.「虚構」について研究する。

60.「芸術」について研究する。

61.「農業」について研究する。

62.「宗教」について研究する。

63.魔術師は正当な理由がある場合には、「弟子」を取ることができる。

64.弟子を取った場合には、魔術師は弟子に対する庇護の義務を負う。

65.魔術師は常に、正当性のより豊かな方に批准する。

66.魔術師は魔術師の仲間に正当性があり、なんらかの敵に不正がある場合、この仲間を敵から庇護する。

69.「医学」について研究する。

70.悪逆非道を戒め、常に正当であるようにする。

71.魔術師は常に、「良心」を持つ。

72.「幸福とは何か」について研究する。

73.「愛とは何か」について研究する。

74.魔術師は基本的に、人を愛する。

75.「情報操作」を念頭に置く。

76.極力、「多様性」を保持する。

77.極力、「純潔」を保持する(生殖の際には、性病を警戒する)。

78.極力、「論理」を保持する。

79.生命を尊ぶ。

80.独創性を尊ぶ。

81.失敗しても成功しても、がんばった者のことは尊ぶ。

82.善いことのために失敗した人には積極的に援助を行う。

83.「心とは何か」について研究する。

84.「研究とは何か」について研究する。

85.小さなことでも大きなことでも、極力、「挑戦」し続ける。

86.「差別とは何か」について研究する。

87.「共通とは何か」について研究する。

88.急がない。焦らない。

89.じっくりと事の真偽を見極める。

90.「言葉」について研究する。

91.一般の人に対しては、「観察」を多く駆使して対応する。

92.魔術師に対しては、「思考」を多く駆使して対応する。

93.何事も「鵜呑み」にせず、自分で極力検証してみる。

94.自他の「時間」を尊重する。

95.争いや搾取や何らかの資源(金銭資本、環境資本、性的資本、などなど)を喰い潰す人がいる場合には調停行動を取る。それ以外の場合には、基本的に不干渉、中立の立場を取る。

96.魔術師は「遊び」を尊ぶ。

97.「遊びとは何か」について研究する。

99.魔術師は「正当な戒律」を尊ぶ。

100.魔術師は「自由」を尊ぶ、「自由の探究者」である。

 

 

P.S.今日は以上です。

はあ………

疲れました(笑)

超疲れました(汗

少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

例によって、このブログに書かれたことについても、鵜呑みにせず、

急がず、焦らず、ゆっくりと、正当性を検証してみて、正当だと思うことだけ、ご自分の意志で取り入れてもらえるといいかもしれません。僕ももっと検証して、もっと正確な戒律を考えてみますので、みなさんもよろしければご一緒に♪

魔術師の方は、常に「正当性」を検証し続けてくださいませませ~

 

今日はこの辺で(笑)

 

ああ、疲れた(笑)

嫉妬の構造についての分析

魔術について

 みなさん、こんばんは~

 

 今日は、「嫉妬」について考えてみましょう。

 

 まず、「嫉妬」とは何か。



 これは、「自分より優れている人をうらやましく思って憎むこと」です。



 さて、ひとつずつ構造を分析して見てみましょう。



 まず、「優秀」とは何か。

 これは非常に簡潔に述べると、「正しい人」です(詳しくは当ブログの記事の「正義術」や「モテ術とか説得術とか」を、ブログ内検索などからご覧ください)

 例えば、今回の論法では、判断が間違っている人よりも、正確な人の方が優秀であるというふうに判断します。今回は、この仮説をとりあえず採用します。



 次に、「うらやましい」とは何か。



 これは、「優れた人を見て、自分もそうありたいと思うこと」です。



 さて、では、「憎む」とはどういう意味でしょう?



 これは、「自分にとって都合の悪いもの、不利益なものとして、相手を嫌うこと」です。



 つまり、嫉妬とは次の機構を持っています。



 1.正しい人を認知する→2.自分も正しくありたいと感じる→3.正しい人を自分にとっての不利益として判断する→4.正しい人への嫌悪が生じる



 このようにシンプルに仮に考えれば、23の間に一つの分かれ目を見ることができます。



 2において、「自分も正しくありたいと感じる」ということは、ここで大きく二つの選択肢が生じることを想定できます。



 1.自分も正しくありたい→正しい人になる努力をする

 or

 2.自分も正しくありたい→その願いが叶わないので自分より正しい人を排除する



 つまり、正しい人になる努力をすることによって自分の欲求を満足させる人と、自分よりも正しい人を排除することによって自分の正しさを示そうとする人の、ニ種類の人がいると想定できます。



 この二種類の人は、次の指標により判別できると今回の場合には考えられます。



 1.正しいか正しくないか

 2.包摂的か排除的か



 まず、正しくありたいと常に努力している人は、相対的に正しくなる確率が高い、と想定できます。逆に、正しくあることをあきらめてしまうと、相対的に間違ってしまう確率が高くなると考えられます。



 また、正しくあれるのなら、そもそも嫉妬は生じづらいと考えられるので(努力ができ、ある程度報われるのなら、相対的に嫉妬する必要がないから。なお絶対的に嫉妬しないという聖人君子の事例はここでは例外とする)、つまりこの場合は、排除的にならず、どちらかと言えば、包摂的な傾向を持った人間になると想定できます。

 逆に、正しくあることをあきらめてしまっているのなら、嫉妬が生じる確率が高くなると考えられますので、この場合は、行動が排除的となり、罵詈雑言や嘲笑、あるいは言葉の衝動的な暴力性、――時と場合においては行動としての暴力性も伴う可能性もある――が上昇すると想定できます。



 つまり、可能性としては、言動が暴力的傾向であるほどに嫉妬している可能性が高い。

 逆に、言動が穏やかであるほどに嫉妬していない可能性が高い。



 これらの原則に従うなら、誰かに相対するとき、その人の攻撃性を測定できれば、その人の嫉妬深さを測定できることになります。



 攻撃的であるほどに嫉妬深く、穏やかであるほどに嫉妬が少ない。



 よって、次の定式を抽出できます。



 嫉妬量∝攻撃量



 つまり、非常にシンプルには、あなたが攻撃される頻度が大きければ、それはあなたに嫉妬や羨望のまなざしが集まっていることの、間接証拠の一つとして考えることはできます。



 したがって、次の定式が抽出できます。



 優秀量∝被攻撃量



 つまり、あなたが優秀であればあるほど、あなたが攻撃(「攻撃」とは簡単に言うと、非論理的衝動的言動です)を被る確率が上昇すると考えられます(なお、今回は詳しく触れていませんが、優秀な人は賞賛が多くなることもあります。したがって、理想的なデータ収集下における正確な解析では、賞賛と罵倒は五分五分で分布しているかもしれません。ただ賞賛にせよ罵倒にせよ、その分量が、優秀な人の場合には大きくなると考えられます。罵倒と言っても場合によっては、「黙殺」なども罵倒の一種となりますので、これもとても測定の難しい指標となります。一見何の反応がないように見えても、周囲に嫉妬心が引き起こされている可能性自体はあります)



 簡単に言うと、あんまり優秀過ぎて、それを隠さないでいると、みんなから嫉妬をかい、攻撃を受ける確率が上がると想定することはできる、ということです。



 なので、優秀な人は、積極的にその能力を隠すことを個人的にはおすすめします。「能ある鷹は爪を隠す」と言いますね。「名を取らせて実を取る」とか、この手のことわざは色々あります。



 もしも、能力を隠しきれずに、攻撃を受け易くなってしまっても、確率としては、攻撃量に応じて、あなたが優秀である確率も上昇するとも考えられるので、あんまり気にしすぎなくていいかもしれません。少なくとも、攻撃されることで、思い詰めすぎてしまうようだったら、必ずしもあなたが全面的に悪いというわけでもないと思いますし、自傷行為とかに至ってしまうくらいなら、少しくらい気を抜いてもいいのかもしれません(全面的に悪い人というのはなかなかに存在立証がむずかしいですね。むしろ個人個人を見ると悪い人自体はそんなにいないんじゃないかという気もします。集団の熱狂? とかでちょっとおかしなこと? になっている事例などは割にあるかもしれませんが。「孤独」は意外に大切なのやもしれません。ある程度は)。



 ただ、優秀な人を嫉妬によって排斥するために、次のような論法を用いてくる人もいると考えられます。



 「嫉妬深い人ほど嫉妬されていると考える」



 この論法を用いられると、「私は嫉妬されている」と優秀な人は明言できなくなります。なぜなら、「私は嫉妬されている」と明言すると、上記の原則から導き出される帰結として、「私は嫉妬深い」と主張することと同義になってしまうからです。



 ですので、あなたが仮に本当に嫉妬されているとしても、その思いを明言するのは危険かと思います。



 その点から考えても、相手に攻撃をやり返すのではなく、できる限り、能力を隠すことが正着打かと思います。



 また、「嫉妬」というと悪いイメージばかりありますが、生存競争としては、正しい感情であるという論法もあり得ます。



 能力や才能のある優秀な人というのは、ある意味、その能力が「たまたま」適合する環境にフリーライドしているという側面があるのです。もしも、その能力を発揮する環境が整っていなければ、そもそもその人の才能が開花することはありませんでした。例えば、野球を作ったのは、野球選手ではありませんね。野球を作ってくれた無名のたくさんの人たちのおかげで、野球選手の人たちは野球をプレーし、お金をもらうことができるのです。そのように考えるなら、能力や才能のある人は、その能力によって得た利益を多くの人たちに還元する必要があります。しかし、能力というのは、お金や名誉と違い、かなりその人の個人所有のものですので、その人から分離することが難しいです(お金や名誉は徴収できても能力それ自体は徴収できない。非常にセキュリティ性の高い資本です。目に見えにくいですし。ステルス性能も高い)。お金なら累進課税ができるし、名誉なら縁の下の力持ちになることで他の人に分け与えることができますが、能力だけはかなりの程度自分のものです。このように能力とは投資対象として非常に安定した資本でもあります。お金や名誉は奪われることがあっても、能力自体はまずもって奪われることがない。ただし、年を取るとどうしても身体能力などは落ちていってしまう傾向もあるとも言われます。能力への投資はかなり理に適っていますが、自分の能力が老化などにより失われてしまった場合に備えて、「信頼できる人」を作っておくことも必要、ということになるかもしれません。「信頼」については、そのうち詳細に記述するかも知れません。あまり期待せずにお待ちください(笑)



 したがって、優秀な人は、ある程度、嫉妬による攻撃甘んじて耐え抜く必要があるかもしれません(能力のおかげで得をしているわけですので、名誉やお金をある程度再分配するべき、という論法はあり得る。それに「優秀」というのは漢字として分析すると、「優しさ」に「秀でている」ことですね。つまり、優秀な人とは、「とても優しい人のこと」とも考えられます。優秀な人は言っていることが論理的で間違っていなくても、「偽善的だ」などのレッテルを初めとした非論理的攻撃を受ける可能性も上がるとも想定できます。僕は個人的には、たとえ善に今は至ることができなくても、そのために努力をしている人というのは必ずしも「偽善」ではないと思います。非常に難しい点ですが)。一種の「ノブレスオブリージュ」みたいなものかもしれませんね(笑)ある程度、あなたの名誉や価値が傷つけられるのもしょうがない……というふうには極めて言いづらいのですが、やはり、現実的には、あなたの能力を隠蔽する以外に手段はないのではないかと個人的には思います。少なくとも、私には思いつきません。



 優秀な人は、能力を隠し、優秀でない人の面子を立てて、罵倒されながら、しかも、その自分の能力を正しいことに使い続けることが必要になることになります。



 そのように考えると、個人的には、「優秀な人って大変だな」、と思わないこともないです(笑)何というべきか、わかりませんが、……頑張ってください、としか。僕には他にどう言っていいかわかりません。



 いずれにせよ、嫉妬にも機能があり、正しい人にも機能があり、構造がかなり複雑で、難しいです。



 少なくとも、嫉妬にもある程度の正当性はあるし、正しさにも正当性はある、としか。



 今日は非常に気持ちの悪いお話だな、と思います。



 嫉妬している人が悪いのでもないし、正しい人が悪いのでもない。



 とても難しい。



 とりあえず、嫉妬する人と正しい人の間の折衷をうまく取り、どちらも致命的には傷つくことのないようにできるといいのですが、それもまた非常に難しいお話になります



 僕は間違っていることがたくさんある人間ですので、決して優秀な人間ではありませんが、それでも、何となく思い起こされるのは、「優秀な人って大変だよな」、という例の気持ち(優秀な人を賛美しろ、というような話ではないんですよ?(笑)ただ、みんながそれなりに幸せになれるといいんですけどね。難しいです)



 嫉妬もある程度は間違っていないというふうにも考え得ますし



 だって、「自分だけ違う」だなんて誰にも言えないじゃないですか(笑) 悲しいですよね。すごく寂しいのではないかと、多少身勝手ながら憶測してしまいます。優秀な方は、ぜひ、自分と同じくらい優秀な方を探してみてくださいませ。希少だと思いますので、かなり精力的に探さないと出会えないかもしれませんが。確か、ゲーテによると、同時代の天才はなかなかにいものなのだそうですよ。僕にはおよびもつかないことですが(笑)



 嫉妬している方も、嫉妬されているも、どちらの方も良い感じで生きていけるといいな、と個人的に思います。



 今日は以上です。



 P.S.攻撃性について

 攻撃性にも本当に色々ありまして。 

 すごく人を傷つけることが上手い人も世の中にはいます。すごく絶妙なラインで攻めてくる人とかいらっしゃるんですよ(笑)

 近頃だと多分、「マウンティング」とかいうふうに呼ばれるのでしょうね(優秀な人ほど罵倒に会う機会は多いかもしれませんが、僕のように別段優秀ではなくても、確率論ですので罵倒に会うことはあります。またすべての罵倒の原因が嫉妬であるという話でもありませんね。「確率論」として、のお話です)

 さっと痕跡を残さず、相手の心を抉っていく人とかね(笑)これも考えようによってはひとつの「攻撃性」ですね。一見静かに見えて、おそろしい人というのはいるものと思います。「人は見かけによらない」というのも場合によって、ひとつの真理かもしれませんね。

 おそろしい話です。

 かといって、そこに突っ込めば、痕跡がないので、「被害妄想」として片づけられてしまいます。

 一方で、「嫉妬されている」と訴えても、「自己愛性パーソナリティ障害」として片づけられてしまいます。

 だから、優秀な人のポジションってなんというべきか、「詰んでる」んですよね(笑)

 そのような事情がありますから、優秀な方はぜひ、ご自身の優秀さを隠しながら、世のため人のために生きていってくださいませ(もちろん、自信がおありで、嫌われることを辞さず、世のために行動する人も必要なのかもしれません。日蓮などの系統の情報を調べてみると、「嫌われることを恐れて、相手に正しい忠告をしないのは、相手のことを本当には考えていないからだ。自本当に相手のことを思うのなら、自分を捨てて、相手に嫌われても忠告しなさい」みたいな感じの情報に触れることもあります。本当に世の中には色々な意見があります。おもしろいです)

 優秀な方は、ぜひ、嫉妬している方たちのことも幸せにしてくださるといいな、と思います。

 僕のような凡人にはとても耐えられない境地ですね。天才というのは相当タフなのでしょう。普通そんな環境じゃ生きていけないと思う(笑)

 また、蛇足になりますが、名誉やお金は徴収されますが、能力は取り上げることが非常に難しいので、能力はとても投資対象として向いた資本だと思います。何か投資しようかな、と考えていらっしゃる方など、御自分の能力に投資なさると面白いかもしれません。たとえお金がなくても名誉がなくても、基本的に、かなりの程度は「能力」だけはあなたを裏切ることはありませんので。本読んだりとか、情報収集したりとかするのはけっこう大切かもしれませんね。「情報資産家」になるというのは、この時代には、ある程度有効な手法のひとつかもしれません。

 

 なお、今回、「仮」に「優秀」という言葉を用いていますが、優劣は「厳密」には存在しません。この言葉の意味が分からない場合には、ここに記述されたことについては綺麗に忘れたほうがいいかもしれません。一応その点は念押しいたします(正しいものはなかなかにこれとは決められないもので、したがって、正しい人――つまり今回の場合の優秀な人、というのはこれとは決められないというふうに考えられます。ここでいう、「厳密」とは「論理的」くらいの意味でお考えください。つまり、優劣は、「論理的には」存在しない、という意味です。つまり、「非論理的」専ら「感情」というふうに呼ばれる領域においては、言葉が難しいですが、存在し得ます。この点にご興味のおありの方は、当ブログの「正義術」など気が向いたらご参考下さい)。





P.S.2優秀な人の探し方について

この話題については、僕は優秀ではないので、よくわからないのですが、それでも誰かの参考になるかもしれませんので、一応書いておきます。

まず、「正しさ」とは次の様態を指します。



1.データ抽出が無作為である

2.データ量が多い

3.データ解析が論理的



つまり、優秀な人は無作為に行動し、多様な情報を保有し、論理的に思考します。

よって、その分布は基本的に「無作為」になります。

つまり、優秀な人は、基本的にどこかに地層のように堆積する確率は低いのではないかと推理します(つまり、優秀な人を吸引する手段はなく、出会うためには偶然に出会うしかない。逆に言えば、それくらい「レア」ですので、もしもそういう人に出会ったら絶対にその人を離してはいけません(笑) 後になってから超優良な人だったことに気づいてがっかりなんてことにならないようにみなさんご注意ください(笑)ストーカーとかは危ないかもしれませんし、相手の嫌がることをするわけにもいかないでしょうが。バランスの難しいところです)。

優秀な人に出会うためには、シンクロニシティを当てにする以外には、なかなか難しいのではないかと思います。データ抽出が無作為であることから、その後の能力形成もオリジナリティがあり、予測や可視化がしづらいというふうに考えられ、簡潔に指標化すること困難でしょう。

また、「予言者郷里に容れられず」と言って、例の嫉妬の構造もありますので、優れた人が相応の評価を受けている確率も必ずしも高くはないと思います(データ抽出の偏りのない理想的環境下においては、評価されている確率は五分五分でしょう。完璧に無作為に行為する優秀な人なら。評価される行為をする確率が五分五分なので)

一方で、優秀な人は無作為に行動しつつ、論理的にも行動するという性質があり、つまりは、偶然でありなおかつ必然であると推理できます。その意味では、偶然でありながら必然な出会いという不思議な現象が想定でき、これを「運命」と呼びます。つまり、無作為(「ランダム」という意味。つまり「偶然」のことです。)な自由性に、なおかつ論理による意志決定(決定されていることは、「必然」と呼び得ますね機構を備えた状態であり、これは、「自由意志」とも呼びます。自由意志は、原理上存在を立証することはおそらくできないのではないかと個人的に思います(「必然かつ偶然」という言葉使いが、言葉の一般的用法から見ると矛盾していますし)。しかし、少なくとも相対的には、優秀な人は、自由意志的「傾向性」をある程度備えているというふうに考えられます(これもひとつの記事ができる話題ですな(笑)そのうち自由意志について検証するのも手かもしれません。とりあえず、気になる方は、当ブログの「創造術」という記事がありますので、ブログ内検索などからご覧ください)

優秀な人をかろうじて」(「厳密には」優劣はないということ)、指標化するとすれば次のようになります。



1.神出鬼没(どこにいるかわからない)

2.自由人(自由意志的傾向が強い)

3.オリジナリティがある(独創性が強く、既存のフレームからは認知されづらい。これがステルス能力となる)



ただし、真に神出鬼没であれば、神出鬼没「でない」ことが可能となるので、この指標化も虚しい努力に終わります。自由人という傾向についてもオリジナリティについても同様です。自由人は、自由なので、自由人でないこともできます。オリジナリティは全く独創的(独は、「ひとり」という意味で、創は、「つくる」という意味ですね。一人でつくるので、基本的には他人に口出しされないのです。だから、オリジナルな人は、世間などで一般的にオリジナルでないと呼ばれるものをつくりたいと思う時、あえてそれを作ることもできる)なので、オリジナルでない選択をすることもできます。優秀な人の挙動を予測することは厳密には不可能であると考えられます。予測が難しいし、その特徴を見出すことが難しいので、なかなか優秀な人を識別することは難しいと考えることもできます。



「出る杭は打たれる」、という世の中でありますので、ステルス能力も磨きがかかっているでしょう。



見つけることはとても難しく、やはり、偶然、厳密には、「シンクロニシティ」を頼りの綱にするのが精いっぱいかもしれません。



ある意味では、彼らは常に「逃走」していると考えられます。色々な点と点(人と人をつないだり、物と物をつないだり、ありとあらゆる「点」をつなぐわけです)をつなぎながら、「逃走線」(点をつなぐと線になりますね。逃走しながらつないだ点ですから、これを、「逃走線」というふうに呼びましょう)を引き続けているわけですね。



また、ドゥルーズ=ガタリによれば、逃走する人たちが逃走線の末に出会うことは偶然ではないのだそうです。



ですので、優秀な方たち、御自分の同類に出会いたい場合には、積極的に「逃走」するのもひとつの手かもしれません。この辺りの事情について知りたい方には、『千のプラトー』という著作をお勧めいたします(「逃走論」について書くのもおもしろそうですね。そのうち気が向けば(笑) 今回は割愛します)



とは言え、おそらく、優秀な方たちは僕の上を行っていると想定できますので、こうした僕の試行錯誤は徒労ではあるのかもしれません。ただ、優秀な方たちの生態って超興味あるんですよね(笑) 個人的に。なので、色々と身勝手ながら憶測してしまいました(笑) 少しでも皆さんのお役に立てればいいのですが。今日はなかなかに難しい、デリケートなお話でした。

 

 

色んな言葉

魔術について

 みなさん、こんばんは~

 

 今日は適当に思いついたことを書いていこうと思います。「散漫術」です。

 

 いよいよ春ですね。

 

 いやー春ですよ。

 

 春は暖かい季節ですね。

 

 それで、僕はよく思うのですが、この「あたたかい」って不思議な言葉だと思いませんか?

 

 「暖かい」と「あたたかい」も違う。

 

 なんか、僕の場合は、「暖かい」の方が温かい感じがしますね。視覚的に密だからかもしれません。漢字はひらがなよりも密なものが多いので。

 

 満員電車とか暑苦しいみたいなイメージないですか?

 

 密なものって、どうも熱いみたいなんですよね。

 

 「蜜月」とかいう言葉もなんか暑いですしね。

 

 熱い、厚い、暑い、篤い、というふうに、「あつい」と一言に言っても、様々な「あつい」があって、しかも、その一つ一つに独特のニュアンスがあるんですから、びっくりですよね。

 

 まして、外国語を翻訳するとかになると、このニュアンスの差異化は絶好調で、ヒャッハーですから、マジで難しいです。

 

 翻訳というのは、なかなかどうして完璧にというのは難しいことのように思います。

 

 翻訳する技能と読む技能、あるいは会話する技能、作文する技能、全部、違う技能ですもんね。

 

 ある程度、共通する基礎はある気がするけど、やはりそれぞれの技能に味があり、一種の専門性があります。

 

 何か奥行き深い感じがして、専門もたまには悪くないかな、って気分になります(笑)

 

 最近、ちょっと考えていたんですけど、「リベラル」って言葉も不思議ですよね。

 よくよく考えてみれば、すべての言葉が不思議なので、何もリベラルに限ったことではないのですが。

 

 色々なリベラル論があるようです。「リベラル」と「liberal」も違いますよね。まず、言葉から受ける印象自体がまるきり違う。やっぱり、「リベラル」の方が固いですよね。印象が。つまり、日本風のリベラル派は、外国のliberalよりも、固いのだろうか(笑)よくわからないですが、色々と想像できて面白いですね。もしかしたら、外国のliberalと日本のリベラルは違うのかもしれませんね。もっと言えば、リベラルと言ってもさまざまなliberalの人たちがいるのかもしれません。そう考えると、なんとなく不思議な感じがします。世界ってほんと多様だな、っていうか。驚きに満ち溢れていますね。知らないことだらけです。たくさんの機微であふれているみたい。

 

 言語相対仮説とか、サピアウォーフ仮説というものがあって、言語ごとに思考とか異なるんじゃね? みたいな意見があるんです。

 

 少なくとも、文字とか言葉から受ける印象は、外国語と日本語ではまるきり違うんですよね。リベラルとliberalは、全然違う。

 

 この辺の微妙なニュアンスというか機微はどうすれば翻訳できるんでしょうね。考えていくと、翻訳すべき情報がやたらに多すぎて、切がない感じになってきます。

 

 翻訳というのは、何というべきか、ある種、苦し紛れなところのある技能なのかもしれません。

 

 でも、翻訳がないと、外国語の人と交流できなくてそれもさびしい話です。

 

 いちばんいいのは、自分が話したりできて、一定期間、外国で暮らしてみることなのかもしれませんが、そのようなことになると、お金とか、時間とかの関係で難しくなるのかもしれませんね。

 

 僕などは、語学がとても好きなので、あまり勉強していても苦にはならないのですが。

 

 それに、「そういったニュアンスとか機微は無視しても良い。誤差の範囲だ」という意見もあるかもしれませんし。

 

 意見は色々ですね。この問題ひとつとっても色々。

 

 言語というのは、本当に不思議な魔法みたいな道具ですね。

 

 いったいどういう仕組みしているのか、とても気になります。

 

 考えてみると、色々想像できて面白いので、気が向いたら、みなさん自由に想像なさってみてくださいませ。

 

 最近は、「モテ」のことについても色々考えてましたね。僕モテなくて(笑)

 

 色々なセクシャリティがありますね。

 

 ゲイ、レズ、トランスジェンダーロリコン、童貞、処女、ヤリチン、ヤリマン……

 

 「性」は色々と数多くあるようです。本当は、もっとこれらの言葉に表現されていない微妙なニュアンスや機微もたくさんあって、それらの大量の情報は、ここに記述された言葉だけでは、到底表現しきれないのですが、とにかく「色々」というのが精いっぱいかな(笑)いずれにせよ、セクシャリティは多様ですが、そこに優劣自体はないですね。

 

 それにしても、切りがないですからね。言語分析は大変です。

 

 それで、その分析から得られる情報が役立たずだったらいいんですけど、なかなかどうして、有用な情報とかポーンと出てきたりしますからね(笑)

 

 だから、面倒くさくても、たまに言語分析の手間はかけることにしています。

 

 例えば、レズと一言で言っても、制服のレズが好きだったりとか、熟女のレズが好きだったりとか、ニュアンスはどんどん細分化していて、しかも、その人にとっては、その捨象されているニュアンス、つまり「些事なこと」がとても大切な要素なわけですね。

 

 だから、抽象する際には、何を無視し、何に注目するかというのはとても大切で。

 

 全部の情報を考慮してたら、頭がパンクします(笑)

 

 でも、全部分析したい(笑)

 

 この葛藤の中で、日々暮しています(笑)

 

 さて、些事なことが大切、というところで……

 

 何の話だっけ。

 

 そうそう。モテの話ですね。

 

 それでね。

 

 性的弱者と性的強者にはどんな違いがあるんだろうな、と考えてみたんですよ。

 

 そもそも性的弱者とか性的強者とかは、存在するのか否か。

 

 世の中は、多くの共同幻想で成り立っていますので、結構な割合で、情報には幻想も含まれていると思うんですよね。

 

 だから、もしかしたら、性的な強弱という概念も、ある程度は幻想なのかもしれません。全部が、とは言いませんが。

 

 あまり気にしすぎるのも良くないだろうし、かといって、あまり気にしなさすぎても、なんかつまらん。

 

 性の話題とか、僕とか、興味津々ですからね。

 

 みなさんはどうですかね。

 

 世の中には、色々な方々が、モテの手法を書いてくださっていますね。

 

 ありがたいことです。

 

 ところで、思ったんですけど、もしもモテを意識し過ぎて、あんまり苦しくなっちゃうようだったら、そもそも非モテでもいいんじゃないかと。

 

 明らかに、人生、モテが「すべて」ではないと思うんです。

 

 僕もある程度は、モテたらいいなとは思いますけど、美味しいご飯も食べたいし、語学もやりたいし、その他もろもろ、色んな細かいニュアンスを伴った、言語化の難しい色んな「機微」を体験していきたいんですよね。

 

 だから、「モテ」という言葉は、そういう大切なたくさんのニュアンスを捨象している概念なんだと思うんですよ。どんな言葉も不完全だからしょうがないっちゃしょうがないんですけど。ただでさえ、「モテ」という一言をとっても、色んな「モテ」がありますよね。動物にモテる人もいれば、お年寄りにモテる人もいるだろうし、色々です。動物が好きな人は、動物にモテると嬉しいでしょうね。お年寄を尊敬している人などは、お年寄りにモテると嬉しいでしょう。誠実な人でもモテる人はいるだろうし、ヤリチンヤリマンでもモテる人はいるでしょうしね。人の好みは色々のようです。モテの多様性(笑)モテの機微はまことに捉えがたいものですね。やれやれです。モテの定義も色々考えられます。例えば、「量か質か」とか。つまり、たくさんの量のセックスをしていればモテる、とするのか、それとも飛び切り質の高い人と付き合っていればモテる、とするのか。このようにモテの定義も多様です。みなさんもモテについての議論を見かけたら、「この人はどのような定義でモテについて考えているのだろう」と思考してみるとけっこうおもしろいかもしれません。一口に「モテ」と言っても色々なモテがあるようです。僕は個人的には、どちらかと言えば量より質重視がいいな、とは思います。理想的には。いろいろ理由はありますが、今回は割愛します。とは言え、人間優劣はないですからね。質と言っても、「いい悪い」ではなく、僕に「個人的に合うか合わないか」ですね。適材適所と言いますか。相性はある程度あるでしょうしね。ここも非常に入り組んでいて、デリケートな話題と言いますか、非常に難しいニュアンスのお話になります。モテについてはほかにもいろいろな定義が考えられますので、みなさんも気が向いたら、ご自由にご想像なさってみてくださいませ。

 

 そう思うんですよ!

 

 そう思うんですよ~♪

 

 そう思うんですよ☆☆

 

 ほら、色んな絵文字とかありますけど、これって全部ニュアンス違うじゃないですか。

 

 だから、そうした、人生のたくさんの楽しいことって、別に、「モテ」という言葉に一極集中しているわけではないと思うんですよね。楽しみにもたくさんのニュアンスがある。

 

 モテは特権ではない、と言いますか。

 

 そんなわけなので、モテも非モテも、あんまり苦しくなってしまうようだったら、別に無理に捕らわれる必要はないし、その特権化の網に囚われてしまう必要もないのではないかと思います。

 

 それでも、「モテたい!」と思ったりするのなら、それはその人の好きなことを、その人が好きなようにしているわけだから、とてもいいことなのではないかな、と思います。ただ、家でゲームをしているのが幸せだったり、友だちと語らっているのが幸せな人は、無理にはモテる必要はない、というふうに思います。モテたかったらモテるようにがんばればいいし、モテよりもゲームとかの方が楽しいのだったら、ゲームでもいいと思いますし。基本は楽しいことをすることだと個人的には思います。「好きこそものの上手なれ」と言いますね。ただ、「すごく好きなもの」を行うというのは大切かもしれません、あんまり好きではない「横好き」になると、「下手の横好き」になってしまうかも(笑)ネットにはゲームの情報もモテの情報もたくさん上がっていると思いますので、研究し放題で楽しいですよ(笑)人間には性欲もありますが、色んな欲がありますね。人それぞれに欲求も色々。多分、性欲が食欲や承認欲求を差し置いて上位に君臨する、というふうにもなかなか考えづらいので、たぶん「優劣」自体はないのでしょうね。欲求の多様性。食事は必要ですし、他者の承認も心の支えになるというのが多くの場合現実的にはそうかと思います。

 

 なんというか、非常にニュアンスが難しいですが、無性愛者とかの方もいらっしゃると思いますし、「いわゆるモテ」以外の選択肢があってもいいのではないかな、と個人的には思っておりました。色々なニュアンスがあります。

 

 あんまり、モテに対する風潮が強すぎると、生きづらくなる方とか出てきてしまうのかな、と思って。

 

 そんなわけで、モテだからと言って、おごる必要はないし、非モテだからと言って、劣等感を持つことも必要ではないのではないかな、と思いました。

 

 人生はほんと「色々」だと思います。モテも非モテも楽しいですけど、そのほかにもたくさん楽しいことがありますね。辛いこともその分たくさんありますけどね(汗

 

 人生のバランス難しいです。「楽は苦の種、苦は楽の種」、と言いますしね。

 

 ほんと人生色々です。

 

 世の中にはいろんな「暑さ」や「あつさ」がありますし、色んな「あたたかさ」や「暖かさ」がありますし、いろんな「リベラル」や「liberal」がありますし、色んなセクシャリティがありますし、いろんなモテや非モテがあるのだと思います。

 

 辛いこともたくさん、楽しいこともたくさん。

 

 うまくバランスというか、いろいろなものごとの中間を取って、人生の舵取りをしていけるといいな、と思いました。

 

 世の中には本当に色々な機微やニュアンスがあるようです。風流というか、趣深いというか、幽玄というか。

 

 ほんといろいろ。

 

 なかなか言葉にすることが難しい色々な人生の機微など、感じ取っていけるといいな、と個人的に思う今日この頃です。ニュアンスはとても趣深い感じがしますので、捨ててしまうのはもったいないかな、と思います。みなさんも、気が向いたら、細かなニュアンスを言葉にする努力などしみてるとけっこう楽しいかもしれません。常識からは捨象されてしまっていた意外な発見がたくさんあって面白いですよ。人はどちらかと言えば、自己完結してしまいやすいようで、何というか、「自分は全部知っている」というふうに一種楽観的に考えることもわりに多いように感じます。当たり前のことを言っているようでも、ニュアンスを考慮すると画期的なことを言っていたりとか、そういうこともありますね。このケースはかなり多いかもしれません(笑)特に言語分析などに携わる方などは、積極的に、言葉の「機微」に注目していくのもひとつの手かもしれません。辞書に載っていることが、言葉のすべてではないですね。言葉はほんとに多種多様です。辞書は非常に便利ですけどね(笑)

 

 

 ☆~今日のポイント~☆

 

 1.「人生」の多様性

 2.「ニュアンス」の多様性

 3.「モテ」の多様性

想像的な人と現実的な人

魔術について

 みなさん、こんばんは~

 

 今日は「空想」について書こうかな、と思います。

 

 想像力や、創造力は、魔術師にとって、割に有効な手法なのではないかと思います。

 

 発想を広げていくためには、自由に想像力を広げていくことは有効です。

 

 また、それまでになかったような発想を得るためにも有効なので、やはり、創造面でも非常に有用でしょう。

 

 今回は想像的な人と、現実的な人について考えてみたいと思います。

 

 想像的な人とは何か。

 

 想像的な人は、色々なことを思いめぐらしていて、主に、様々な「可能性」を想定します。ただ、通常よりも極めて多くの可能性について思考するので、普通の人から見ると、いささか「杞憂」めいて見えることもあります。想像的な人たちはとにかく、可能性を見ることには長けており、これからどうしていくかを考えるのには向いた頭脳であると言えます。

 

 例えば、現段階の人間の文明では、いわゆる「魔術」と呼ばれる範疇のものなどは、一種のファンタジーであり、実現不可能であると考えられることが多いです。

 

 いわゆる「現実的な人」たちは、そのように考えることが多いように思われます。すべての現実的な人がそうではありませんが、こうした、幻想傾向に、一種の「アレルギー」を持っている人もおり、そういう人に対し、様々な可能性について列挙すると、「どうしてそのようなことを考えるのか」が分からず、混乱してしまいます。可能性を想定する能力には、どうも個人差があるようで、誰もが、想像力や創造力を重視するわけでもないようです。

 現実的な人たちは、こうした、「創造力」や「想像力」というものに対し、どちらかと言えば否定的な傾向があり、彼らは、何かを生み出すというよりも、「既存のシステム」の中でいかに最適化して生きるか、ということを重視します。

 よって、どちらかと言えば、保守的な傾向を持ち、生産するというよりも、既存のリソースの取り合い、――つまり、「競争」に終始するという特性を持ちます。

 よって、現実的な人たちには、「既存のシステムをそのままに最適に運用することに長けている」という長所があります。

 ただ、裏を返せば、「既存のシステムから外れた事態を想定したり、対応したりすることができず、アレルギー反応を起こしやすい」という短所があります。

 

 つまり、既にあるものを利用する能力は現実的な人の方が高いのですが、未だ存在しない物事についての対処(未曽有の事態とか、進歩とか、発明とか)を行うのには、想像力のある人の方が向いています。

 よって、想像力のある人には、「新たな画期的なシステムを生み出すことができる」という長所があります。逆に「既存のシステムにそのまま定住しづらい」という短所があります。彼らは常に「変化」を求めます。

 

 つまり、現実的な人とは、定住民的であり、固定的です。逆に、想像的な人とは、遊牧民的であり、流動的です。

 

 想像的な人には、あらたな利益を創出し、より多くの人類を養うことができるという能力があり、また、現実的な人には、想像的な人たちが創り出したものを最適に運用する、という能力があります。

 

 つまり、現実的な人が優れているとか、想像的な人が優れているとかの問題ではなく、彼らは互に互いを補い合う傾向にあり、どちらの種族の人々も存在することで、多様な環境に適応するためのリスクヘッジを得ることができます。

 

 ならば、想像的か現実的か、の二者択一ではなく、そのどちらもを、備えている中間を取ることがのぞましいのであろうと推理することもできます。

 

 いずれにせよ、想像的な人も、現実的な人も、互いに共存していくことが最適打であることは、現実的にも、想像的にも、ほぼ間違いないのではないか、と思います。

 

 世の中には、ファンタジー小説のようなものを好む人もいますし、また、ノンフィクションのような現実味のある書物を好む人もいます。

 

 好まれるジャンルやバランスは、まさに人それぞれです。

 

 そういった、多様な人たちが存在することで、世の中はまわっているのかもしれません。

 

 僕は、個人的には、想像的な人も現実的な人も好きですが、どうなんでしょうね。はたして彼らは僕のことを好かないまでも、嫌っているか否か。

 

 僕は、何かと言えば、中間を取るので、結果、想像的な人からも現実的な人からも攻撃を受けることがあります。

 

 四面楚歌ですな(笑)

 

 しかし、やはり、既存の回路をまわすにしても、新たな回路を作るにしても、どちらの立場を取ろうとも、最適打は、共存だよな、と思います。

 

 なので、問題は、「共存の方法」なんですよね。

 

 まず、想像的な人は、一般に、包摂的な傾向を持っているように思われます。彼らはそもそもからして、色々な可能性を想定して生きているので、変化する環境に適応するのに向いています(逆に隔離されたりすると、苦しむことになると論理的には考えられます)。つまり、さまざまな人を受け入れることが、割に得意です。

 

 そして、現実的な人は、一般に、排除的な傾向を持ちやすいように思われます。彼らは、既存のフレームを変化させようとは考えず、あくまでその既存のゲームの中でいかに利益を最適化するか、というふうに行動しますので、何かを創出したり、作りだしたりするのには向かない傾向があります。また、そもそもフレームの変化に慣れていないので、自分のキャパシティを超える情報や質感に出会ったりすると、パニックを起こし、結果、排除的となることがあるように思われます。

 

 したがって、想像的な人と現実的な人を見分ける方法は、次のようになります。

 

 1.排除的か包摂的か

 2.パニックを起こしやすいか否か

 3.既存の枠からはみ出た可能性を想定するか否か

 

 誰にでも、多少なりとも排除的な傾向はありますし、パニックもありますし、可能性を想定する能力の限界もあります。

 

 したがって、これは白か黒かという問題ではなく、程度問題ではあります。

 

 あくまで、程度の問題として、排除的な傾向だったり、包摂的な傾向であったりします。

 

 なので、どんな人も、ある程度は、想像的で現実的です。

 

 誰でも、隔離されれば、認知能力が低下したり、おかしくなったりしますし、逆に、あまりに自由過ぎても何をしていいかわからなくなってしまう人もいます。程度問題です。

 

 ただ、人によって、必要な状況は異なり、その人の快適だと感じる場所は異なります。

 

 ここで、想像的な人は、現実的な人とも関わって、混合して生きていく方が善いというふうに考えやすいようです。

 

 一方で、現実的な人は、想像的な人と現実的な人とは、互いに住む場所を異にして、ある意味、互に互いを「隔離」する形で生きたほうが善い、というように考えやすいようです。

 

 これらの認知特徴の差異は、おそらく、その「生産能力」によっているところが大きいのではないかと、僕は個人的には思っています。

 

 現実的な人は、既存のリソースを回します。つまり、何かを生み出したりとかは基本的にしないのです。逆に、想像的な人は、リソース自体を生産することを目指します。

 

 リソースを回す人とリソースを生産する人がいます。

 

 どちらも必要な人材でしょう。

 

 想像的な人自体は、あくまで包摂的な態度を取る傾向にありますので、共存を考える上では問題はあまりないと思います。

 

 ただ、現実的な人たちは、どちらかと言えば、排除的な傾向がありますので、彼らに、想像的な人たちを排除させないためにはどうすればいいかを考えてみたいと思います。

 

 現実的な人たちは、基本的に、既得権益を運用する人たちですので、そもそもリソースを取り合い、競争原理で動きやすいです。

 

 例えば、最近はやりの概念に、「サイコパス」というものがあるのですが、これは一種のマイナスイメージを伴ったレッテルとして機能しますので、どちらかと言えば、排除的な人の方が使いやすい言葉かもしれません。つまり、「人にサイコパスのレッテルを貼ることは、それ自体サイコパス的行為である」ということです(サイコパスという概念のメリットが発掘された状態ならそうはなりませんが。ただ、デメリット部分だけに着目している場合、そのレッテルを貼った人たちはサイコパス的な人たちなのかもしれません)。

 

 良心があるということは、他者の痛みを想像できる、ということを意味しますので、想像的であるほどに、サイコパスの傾向は低いのかもしれません。

 

 また、人間は反応に「慣れる」という特性を持ちます。人間はこの慣れの能力のおかげで、様々な環境に適応できるようになります。

 

 つまり、逆説的ですが、人の痛みを常日頃から感じとっている人は、その痛みに、「慣れやすい」環境にあると考えられます。

 

 逆に、人の痛みに、鈍感な傾向がある人は、その痛みに「慣れにくい」環境にあると考えられます。

 

 ならば、他者の痛みを頻繁に感じとっている人は、痛みに慣れやすく、痛みに対する感受性が麻痺しやすいというふうにも推理できます。

 

 これらのことを考慮すると、例えば、脳における「痛み」を感知する部分の脳血流量を計測して、その人の感じている「痛み」を「計測」しても、そのことが直接、その人が、他者の痛みに鈍感であるのか鋭いのかを示す事にはならず、つまり、共感能力の有無をそこから判断することは難しいのではないか、と考えることができます。

 

 よって、現状では、脳を調べることによって、その人のサイコパス性を正確に判断したりすることは難しいのではないか、というふうに思われます。

 

 つまり、脳科学的基準では、すごく痛みに敏感な共感的な人が、痛みの感覚が麻痺しているばかりに、サイコパスとして認定されることがあり得るのではないか、という推理です。

 

 こうしたなんとも微妙な事情がありますので、なかなかに、脳科学を絶対視することは難しい、というふうに個人的には考えています。

 

 脳科学はとても面白い分野で、非常に夢が詰まっており、楽しいのですが、まだまだ発展する余地のある学問なのであろう、と思っています。非常に将来有望な分野です。

 

 これは、脳科学にかぎらず、あらゆる人知は絶対のものではない、ということは押さえておいた方が、みなさん得することもあるかもしれません。

 

 気が向いたら、ひとつの意見として、鵜呑みにせずに、ご参考下さい。

 

 あらゆるものが絶対ではないので、もちろん、僕の記述も相対的なものに過ぎません。

 

 その点はどうかご了承ください。

文化術

魔術について

みなさん、こんばんは。

 

今日は、「文化」とは何か、について考えてみます。

 

文化とは何か?

 

文化とは「心のはたらきとその結果できてきたもの」のことです。

 

つまり、文化の原因は何か。

 

それは「心」です。

 

心のはたらきと、そのはたらきの結果できてきたもの、が「文化」と呼ばれるようですから、そのどちらも、生成の原因は「心」となります。

 

つまり、「文化は心でできています」

 

では、心とは何か。

 

これは目に見えないものですね。

 

非常に難しい問題です。

 

では、次のような主張はどうか?

 

「心とは脳である」

 

しかし、脳のどこを探しても、心は見つかりません。

 

では、

 

「脳の中の電気信号が心である」

 

だとすれば、パソコンや電気器具はみんな心を持っているでしょう。ICチップという「脳」に電気信号が流れていれば。もしかしたらそうかもしれませんが、しかし、一般的な表現ではありません。

 

では、

 

「人間の脳は特別な器官で、唯一心を有する。文化を持たない機械や動物とは違う」

 

という主張はどうでしょう?

 

可能性としてはそうかもしれません。しかし、脳と機械のどこがどのように違うのか、今一つ釈然としません。むしろ、単純に物質が全てであると捉えるなら、機械によって脳は再現できる可能性もあります。機械も脳も物質に過ぎないとすれば。この場合、「人間とは機械である」、ということになります。そうなのかもしれません。しかし、どうも一般的ではありません。

 

では、そもそも一般的に言って、心とは何なのでしょう?

 

上記の記述から推理していきますと、

 

心とは、「脳でも機械でも物質でもないもの」のことであると考えられます。それが、脳であったり、機械であったり、物質であったりするなら、それは、少なくとも「心」とは呼ばれないようです。

 

しかし、そんなもの存在するのでしょうか? 物質でないものなんて。

 

現状の僕には、少なくとも一つ思いつくことができます。それは、「変化」です。

 

なぜなら、変化とは、変化について記述した瞬間に変化するものであり、永久に捉えることができないものだからです。つまり、「変化」は「物質」として「捉える」ことができない。

 

なるほどそうかもしれません。しかし、次のような反論もあり得るでしょう。

 

「変化」は「物質」として、「認識」することはできない。しかし、認識されないだけで、「本当は」「物質」に過ぎない。

 

なるほど、「本当は」物質であるという可能性はあるでしょう。なぜなら、それらは「認識」できないからです。

 

では、認識できない物質とは何か?

 

通常、物質であるなら、それを認識することは理論上は可能であるはずです(顕微鏡などの「機械の目」を用いることもできます)。

 

認識できないということは、それらは「透明」であることになります。なおかつ、五感に触知されない。つまり、聞こえない、見えない、触れない、匂いもない、味もしない物質。

 

そんな「透明」なものが存在している可能性。それはあります。

 

私はひとつだけそれを知っています。それは先述した「変化」です。なぜなら、変化は認識できないから。

 

この場合、世界には、「認識できない物質」が存在していることになります。そして、その物質は、「変化」として認識されます。

 

では、認識できない物質を認識することは可能か。これは、論理的には難しいです。

 

物質とはそもそも何なのか。

 

これはそもそも、「感覚されるもの」のことです。

 

つまり、「認識できない物質は、物質ではない」と考えられます。

 

ならば、「心」とは、「変化」とは、物質以外の何かです。

 

つまり、「物質化」したものは、定義上、「心」とは呼ばないとも考えられます。

 

ならば、心とは、「幽霊」のようなものです。それらは、「魂」と呼ぶこともできるかもしれません。

 

つまり、文化とは、幽霊の所産、魂の所産であると考えられます。

 

それは、「変化」の所産であり、創造の所産です。

 

ポイントは、「文化は変化ではない」、ということです。文化は変化の「所産」であって、文化ではない。

 

つまり、文化とは、変化、創造、魂、心の名残、「痕跡」です。

 

その意味では、物事は非文化によって成し遂げられることになります。「変化」、「創造」によって。

 

ならば、その場所の文化の量を計測すれば、ある程度は、その創造量を計測できる、とも捉えることもできます。

 

そして、創造は、電球の発明や自動車の発明など、色々な利益を僕たちにもたらします。

 

つまり、創造の痕跡としての「文化」は僕たちにある種の利益をもたらしているようです。

 

心が創造を行い、そのはたらきの痕跡が、僕たちの生活を潤しているように見えます。

 

人間とは、本来、「創造的な種」であるのかもしれません。

 

さて、以上の基礎的な文化についての考察を踏まえ、では、もっと具体的に文化とは何かについて見てみようと思います。

 

まず、文化とは創造された「作品」のことであり、変化の痕跡です。

 

文化と呼ばれる代表的なものは、「芸術」や「学問」などでしょう。

 

あるいは、マナーとか、礼儀作法とかも、文化かもしれません。

 

それらは、物質化しているため、「固定化」しているように見えるのですが、もともとは「変化」の産物であると考えられます。

 

つまり、色々と変化してみた結果、そこに落ち着いた、という感じ。そして、これからも変化していくのかもしれません。

 

言語も礼儀作法も制度も、どんな文化も、徐々に変化していくようです。

 

おそらく、人間や生物というものが、根源的に創造的な種だからなのかな、と個人的には思います。

 

変化して変化して、その結果、どこにたどり着くのかは、僕にも今一つわかりません。

 

もしかしたら、全てのものは、心から作られたのかもしれません。

 

さて、心は物質ではないので、計量できません。しかし、文化は物質としての痕跡ですので、ある程度計量できるはずです。

 

ここに、「作品」を「批評」できる可能性が生じます。つまり、物質的に物事の良しあしをある程度判別できる可能性もあります。

 

文化の「痕跡量」から「創造量」を計測するわけですね。これも非常に難しいですな(笑)

 

何を「痕跡」と定義するか。とても難しいです。

これもみんなで一緒に考えていけるといいのかもしれません。

 

とりあえず、この文化量を、「文化資本」と呼びましょう。

 

つまり、文化資本を大量に保有しているということは、その人は、それだけ創造的であったのだろう、と推理することがある程度できます。

 

要は、痕跡であれば、それはすべて文化ですので、ある意味、人間の生活で生じる排泄物なども長期的に見れば、文化と呼べるのかもしれません。化石になって発見され、文化資本になるかも(笑)

 

このように考えた場合、文化資本とは、まさしくすべてのもののことであり、全ての資本であるということになります。

 

例えば、「お金」という概念やシステムも、一種の文化ではあります。お金を「資本」と仮に呼ぶとすれば、「文化資本とは資本である」となります。

 

このように、物事の区別は非常にあいまいで、グレーゾーンに溶け合っています。どこからが、文化資本で、どこからがお金なのかが今一つわからないのです。

 

「お笑い」などの文化もお金になることもありますが、こうした例は、文化資本がお金であることを示すいい例であると思います。科学などの学問もさまざまな技術を生み出し、「貨幣化」していますね。その意味では、文化資本とは一種の「お金」であると言えると思います。

 

つまり、本質的には、文化資本を大量に所有している人は、大量のお金を所有しているのと同じことであるとある程度は推理することもできます。

 

そして、文化資本とは一種の「情報という資本」でもあり、この情報資本は、「本」などの物質に見られる通り、消費しても保存されるという特徴を持っています(本は読んでもなくなりません)。

 

したがって、どんどん本が図書館や電子書籍などで流通し、これらの文化資本が人々に行き渡れば、それらの情報資本は「貨幣化」し、国の経済を潤すであろうとも推理することもできます。

 

では、文化資本をどのように分配するか、という問題があります。

 

図書館などの充実や主には、「教育」かもしれません。

 

「教育」

 

これはこれでなかなかにたいへんな話題かと思います。そのうち、機会があれば、何か書くこともあるかもしれません。

 

今日はこんな感じにしておこうかな。

 

 

~今日のポイント~

 

1.文化資本はお金になり得る

2.文化資本を国に行き渡らせることができると国全体のお金が増えるかも

3.文化資本という「富」を積極的に再分配すると人々の生産性が向上するかも

 

 

名誉術

魔術について

 みなさん、こんばんは。

 

 今日は、「名誉」について考えてみたいと思います。

 

 つまり、「どうすれば褒められるか」、ということ。

 

 褒められる方法についてです。

 

 まず、みなさんはどのような時に人を褒めますかね?

 

 その人が優秀だったり、すごい人だったりするときかもしれません。

 

 では、「優秀」とは結局何なのか? 優秀な人はおそらく、少なくとも次の三つの要素を備えていると仮には考えられます。

 

1.希少な能力がある

2.判断が正確である

3.思考が論理的である

 

まず、希少な能力があれば、それは優秀と判別されやすいかもしれません。さらに、その能力や能力の保有者の判断が正確であれば、優秀と判別されやすいかもしれません。そして、その判断に至るまでの思考が論理的で間違っていなければ、優秀と判別されやすいかもしれません。

 

逆に、替えが効く能力だったり、判断や能力が不正確だったり、思考が非論理的であったりすると、優秀とは判別されづらいかもしれません。

 

では、希少な能力とは?

 

これは珍しい能力です。ひとつとは限りません。例えば、日本人で英語ができる人は、それなりにはいるかもしれません。しかし、これが、英語と中国語ができる人、というふうにスキルがダブルに重なった場合には、その希少価値はさらに高くなるであろうと推理できます。したがって、能力の希少価値は、次の二つの要素により計測されます。

 

1.能力の質

2.能力の量

 

能力の質が高く、保有する能力の量が多ければ、それは希少な能力と判定されやすいかもしれません。

 

さて次。では、「正確な判断」とは何でしょうか?

 

正確な判断とは間違っていない判断です。統計的に考えれば、正確な判断は次の三つの特徴を備えていると考えられます。

 

1.データ量が多い

2.データが無作為抽出されている

3.データ解析が論理的

 

そして、こうした特徴を備えた正確な判断は正確で的確な能力を養成するであろうと考えられます。

 

よって、希少な能力は次の特徴によって産出されると推理できます。

 

1.豊富なデータの所有

2.出所が様々な多様なデータの所有

3.多様で正確なデータ解析手法の所有

 

これらの三つの性質を持った人を、「情報資産家」と呼びましょう。情報資産家は大量で質の良い情報を保有していると考えられます。

 

つまり、「大量で質の良い情報は、大量で質の良い能力を生み出す」と推理できます。

 

また、一般的に「能力」は、適切な環境が整えば、換金可能性を持ちます。つまり、次の連鎖によって、お金や名誉は生成されると推理できます。

 

1.情報資産→2.能力資産→3.お金や名誉などの資産

 

つまり、まず、適切な情報を得て、次に、適切な情報に基づいて適切な能力を養成し、その末に、その能力がお金や名誉になるであろう(能力への賞賛など)、という仮説的なモデルです。今回はこの仮説にのってみましょう。

 

今回の意味で言えば、情報とはある程度資産であるとみなせます。情報がお金や能力や名誉を生み出すと考えられるからです。

 

例えば、農業を考えます。農耕作業をするのに道具がないと不便です。ここにもしも、「鍬」という概念、つまり知識が備わっていれば、それだけで、農耕作業は段違いに効率化します。すると、農耕から得られる成果が上昇します。つまり、「概念」とは資産であり、情報とは資産であるというふうにみなすことがある程度可能となります。

 

 また、良い情報とは、上記の通り、大量の多様な論理的に妥当な情報に触れることにより養われるものですから、一朝一夕にはできるものではないとも推理できます。

 

 つまり、いきなりお手軽には情報資産家にはなれないと考えられます。

 

 逆に、これをお手軽になそうとした場合、それでは情報量が少なくなってしまいますし、そうなれば多様なデータも収集できなくなります。データという元手がない状態で、色々な妥当な論理手法に通じるのもむずかしいでしょう。ならば、情報資産家になるためには、ある程度、労力を惜しまないことが必要であると考えられます。楽をするということは、基本的には、情報資産家への道ではないと推理できます。

 

 そして、今回の仮説に沿えば、情報資産家に大なり小なりなることなしに、能力を養成することは難しいですから、結果として、褒められることもむずかしくなると推理されます。

 

 つまり逆に言えば、褒められるためにはまず情報資産家になればよい、と推理できます。

 

 そうして、様々な情報やデータを積み重ね、たくさんの色々なデータを分析していく経験を積めば、少しずつ情報資産家になっていけるのではないか、と考えられます。

 

 蛇足ですが、このことから、富を再分配するためには、情報資産を再分配することが非常に有効であると推理できます。

 

 例えば、ネットにみなさんの情報が結集して、その解析が進み、なおかつその解析結果がみなさんに還元されれば、周り回ってみなさんに情報資産が蓄積され、その情報資産は能力を養成し、そして、いつしかお金や名誉に変換されるのではないか、という仮説です。

 

 格差社会に嫌気がさしている方などいらっしゃいましたら、積極的に情報資産を再分配してみるのもひとつの手かもしれません。

 

 ただ、現状では、「著作権」というものなどがありまして、その辺は気にしないと犯罪になってしまう可能性がありますので、ご注意ください。

 

 個人的には、いつか著作権が撤廃され、情報がすべてフリーになったら、どうなるのだろうな、とたまに想像してワクワクしております(笑)

 

 僕のこのブログに関しては、そこに掲載されている情報など基本的にフリーですので、アイデアなどもしもご参考になりましたら、お好きにお使いください。ただし、転載はご勘弁を(笑)ご自分で咀嚼して、自分の言葉で書き直してみてくださいね。

 

 何にしても、自分で大量の情報を集め、それら多様なデータを慎重に比較検討し、質の良い解析を施していくことが、情報資産家への道であろうと思われますので、このブログにしても、決して鵜呑みにせずに、色々と気が向いたらご想像なさって見てくださいませ。

 

 

 「今日のまとめ」

 

 ☆褒められるためには労力をかけて色々なことを経験するとよいのかもしれない