読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法、魔術について合理的に考えてみるブログ

「魔法使いになりたい」、という欲望について真剣に考えてみました。連絡先アドレス:「mmaazzyyuu@gmail.com」 何かありましたらまずはお気軽にご相談ください。基本的には何でもどうぞ。できることには無論限りはありますが。

普通術(自由術式試論、生成世界消去術式、猫への生成変化術式の複合による並列計算型術式の一例)

 今日は、「普通に生きたい!」という願いについて、考えてみましょう。

 しかし、普通になる、ということは一般的に思われている以上に、難しいことです。基本的に、というかある意味では、これまで書いた術式を全て用いることになりますので、見逃したものがある方は復習よろです~。自由術さえ乗り切れば、後は簡単なので、どうぞ、よろしくお願いします。

 

 まずは、自由術式により、擬似的な直観を作り出すことを目指しましょう。以下の通りです。

 

 1.自由とはしがらみなき状態である。

 2.しがらみとは、障害である。

 3.障害とは、阻むものである。

 4.阻むものとは、あらゆる物質であり、、重力である(引力術参照)。

 5.全ての物質をすりぬけるものとは、光である(魔術、多世界生成術参照)。

 6.すべての物質は光である。

 7.したがって、ほんとうは、僕たちは、光である。

 8.よって、僕たちを阻むものは、原理的には存在しない。

 9.光は質量ゼロである。

 10.重力を受けないそれは、天高く昇っていき、どこまでも自由である。

 

 Nightcoreの『Anima Libera』を送ります。

 

 イタリア語の曲なので、私訳をつけます。

 

 自由な心

 空を飛んで

 あなたは感じる 上へ上へ

 

 自由な心

 暗闇の中で

 私の心を灯す

 

 自由な心

 それは魔法

 私の望み

 

 自由な心

 軽くて ただ一つのもので

 輝く 青い宇宙の中

 恐れはあなたの光を隠せない

 

 私はあなたを忘れない

 あなたの幸せを願わせて

 この歌のリズムにのせて

 

 心

 心

 心

 心

 

 以下繰り返し(上記歌詞の私訳。超適当なのであんまり当てにしないでください(笑)原文参照)

  

 

 次の術式に移ります。

 次は、生成された世界を消去してみます。これにより、自明のものとして、自分の心の中で暗に仮定されている常識に対する反省可能性を高めます。全ての物語の消去と「絶望」を用います。

 

 1.世界には解決不能の命題が多くある。そればかりである。

 2.暴力は溢れ、誰も人の話に耳を傾けない。その余裕もない。

 3.互いに呪いあい、命は呪われている。

 4.争いは果てるところがない。

 5.どこまでも傷つけあい、無頓着に暴力を働くものが大勢いる。

 6.自分の明日をも知れない。何の保証もない。

 7.自分は致命的に損なわれてしまっている。

 8.壊れたものは捨てられる。

 9.呪われた命は絶え間のない抑圧に曝される。僕たちだけの世界へ。

 10.どんなに夢を描いても、現実は変わらない。だから、現実はもう見ない。呪われている「君」のために。

 

 まふまふの『戯曲とデフォルメ都市』をみなさんに送ります。

 

「目隠しをしていこう」その現実に

切り取った旋律と調号 振り返らない

幸せだとつぶやく君の記憶を追い越して

物語の幕を下ろした(上記曲歌詞より引用)

 

 最後に、精神状態を、「無責任性」に転換することで、心身にかかるストレスを緩和し、悲観的傾向を緩和する。そのためには、わがままで自由気ままな、あるいは「楽観的」精神が必要とされる。これは、人格(分子状身体)を「猫」へと生成変化させることで、果たす。楽観的気質の周囲への伝染を持って、自由主義の確保を目指し、ファシズムを抑制する。

 

 まふまふの『スーパーぬこになりたい』をみなさんに送ります。

 

世界の事情は

お昼寝の後にして

土鍋で丸まりこ

気ままに鳴いて

おどりゃんせ(上記曲歌詞より引用)

 

 以上を持って、普通術式を完了します。

 これらの経路を経た状態は、おそらく、「普通」と呼ばれる状態に近いと思います。

 これは、普通の自由人になる術式です。

 普通になりたい方は、お試しください。

 

 三曲、紹介していますので、以上のことを踏まえて、順番に聞いてみてください。

 

 

 P.S.以下、出来の悪い文章ですので、読み飛ばしていただいて結構です。

 

 反証可能性という概念について。

 

 反証可能性とは、実験によって反証される可能性のことである。

 反証とは、矛盾の指摘である。

 しかし、すべては、矛盾している。

 したがって、すべてのことは反証可能性を持つ。

 よって、科学も魔術も反証可能性を持つ。

 ならば、反証可能性では、科学と疑似科学を区別できない。

 

 アドホックな仮説への批判について。

 

 人間の文化は一気にできたものではなく、アドホックな積み重ねによりできたものである。アドホックな仮説を否定すれば、人間の文化はすべて成立しない。

 

 「観察」について。

 

 観察は論理と無関係に成立するとする。よって、論理によらずとも、観察によって、科学の合理性を担保するという主張について。

 まず、合理性とは、論理のことである。したがって、おそらく、これは、論理ではなく、「機能」に着目すると主張したいものと察する。

 機能は、合理性と直観の両立的認知である。

 したがって、論理と直観を両方用いる。

 この場合、直観により合理性を用いることになる。逆はない。なぜなら、直観はあらゆるものに先立つ下地であるからである。

 その場合、機能的合理体系は、すべて信念である。したがって、合理性による否定は不可能である(そもそも論理をあきらめているので、科学的反証は不可能である)。

 

 よって、デュエム-クワインテーゼは妥当である。

 

 より簡単な証明。

 

 現時点では、非存在を証明することはできない。したがって、仮説の妥当性が覆る可能性の非存在を証明することはできない。逆に、仮説の妥当性が維持される可能性の非存在も証明することはできない。よって、科学仮説と疑似科学仮説を、妥当性によって、区別することはできない。科学とは、魔術の一分野であり、直観の包摂下に置かれるものである。