読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法、魔術について合理的に考えてみるブログ

「魔法使いになりたい」、という欲望について真剣に考えてみました。

死ね

直観術実践事例

 僕が図書館で本を読んでいると、優奈さんがやって来た。

「何しているの?」

 と彼女は言った。

「ここは図書館なんだから、本読んでるに決まってるんじゃん」

 と僕は言った。

 図書館の中で会話していては、周囲の人に迷惑なので、一度、本を返し、優奈さんと図書館を出た。

「社交辞令だよ。何してるの? って」

「僕も社交辞令だよ? 本読んでるに決まってるじゃんって」

「へえ」

「うん」

 優奈さんはどうやら、ケーキが食べに行きたいらしかった。

 しかし、一人で行くのは寂しいので、もしも、図書館に僕が居たら、一緒に行こうと思ったのだと言う。

「来栖君、甘いもの好き?」

 と彼女は言った。

「好きだよ。優奈さんの方が好きだけど」

「ありがとう」

 と言って、優奈さんは笑った。

「ところで、優奈さん、何で、ジャージなの?」

 僕は不思議に思ってそう聞いた。

「走ってきたの。ケーキ食べるから」

「どうして、ケーキ食べるときに、走ってくるの?」

「……」

「……」

「……」

「何で黙るの?」

「わかるでしょ」

「何が?」

「……」

「……」

「……」

「ごめん、僕何か悪いこと言った?」

「別に」

 そう言って、優奈さんはため息をついた。「それより、早くケーキ食べに行こうよ」

「ああ、そうだね」

 僕は今一つ腑に落ちなかったが、とりあえずケーキが食べたかったので、優奈さんと一緒に、喫茶店に向かった。

 

 お洒落な喫茶店で、店の前で古いレコードが売られていた。おそらく、店主が聞いていたレコードなのだろう。古いレコードたちには独特の色合いがあって、見ていてとても気分が良かった。僕は割に、古いものが好きなのだ。

 優奈さんは、運ばれてきたケーキとにらめっこしていた。

「どうしたの? 食べないの?」

 と僕は聞いた。

「いや、けっこう大きいなと思って」

 と優奈さんは言った。

「イイじゃん、お得で」

「……」

「……」

「……」

「何で黙るの?」

「死ね」

「あまりにひどくない?」

 僕は思わず、たじろいだ。

「何でもない、忘れて」

 そう言って、優奈さんはケーキを口に運んだ。

 優奈さんは大きく目を見開いて。

「……美味しい……」

 と言った。そして、何か険しい顔をしていた。

 僕も、ケーキを口に運んだ。たしかにとても美味しかった。

 一緒に頼んだコーヒーも美味しかった。

 優奈さんは紅茶を飲んでいた。彼女はコーヒーが苦手だった。

「優奈さん、美味しいなら、そんなに険しい顔することないよ。嬉しそうにしないよ。せっかく美味しいケーキなんだから」

「そうなんだけど。……ねえ、どうして、来栖君ってそんなにスリムなの? ずっとスリムだよね。中学のときから」

「分かんない」

「なんか秘訣とかあるんじゃないの?」

「ねえ、もしかして、太ることとか気にしてるの? 大丈夫だよ。だって優奈さんだって、いつもスリムじゃん。別にちょっとケーキ食べるくらい」

「……」

「……」

「死ね」

「なぜそうなる?」

「ねえ、最近、何の本読んだの?」

「あ、話変えた」

「私ね。ずっとゲーテルの話書いてる本読んでた。面白かったよ。今度、来栖君に貸そうか?」

「あ、無視した」

「踊りに関する本も読んだよ。盆踊りの本。お盆には先祖様が帰ってくるからね。何かと感慨深いよね。」

「まあいいけど」

「それでさ、私、来栖君に相談があるの」

「何?」

「私、世界を変えたいの?」

「一体、どういう話の脈絡!?」

「あなたの中では、脈絡なくても、私の中では脈絡あるの」

「うん……分かったけど……それで、どうして、世界を変えたいの?」

「現実を夢に染め上げたいの。夢みたいな世界に」

「それは素敵な夢だと思うけど、何か具体的なビジョンはあるの?」

「ない」

 僕は頭を掻いた。

「じゃあ、例えば、貧困に苦しむ人を失くしたいとか、あるいは、犯罪をなくしたいとか、そういうことなのかな?」

「私にもよくわからないの。ケーキおいしいね」

「うん、ケーキは美味しいよね」

「それで、来栖君には何か、ビジョンとかある?」

「僕か……難しいよね。要は、人を喜ばせればいいということなのかな?」

「それよ。それしかない」

「じゃあ、優奈さんはどういう時に嬉しい?」

「……」

「……」

「死ね」

「はい、『死ね』いただきました~」

「ケーキ食べてるときとか?」

「ということは、優奈さんはケーキ屋さんになればいいのでは? そうすれば、人を喜ばせられるよ、きっと」

「そうね。私ケーキ屋さんになる」

「それで、例によって、比喩的なケーキ屋さんなんだよね? 優奈さんのケーキ屋さん」

「そうなるわね」

「優奈さんって、どこからが本気で、どこからが冗談なのか、今一つわかんないから恐いよね」

 優奈さんは傷ついた顔をした。

「私のこと恐い?」

「いや、恐くないよ」

「じゃあ、嘘ついたの?」

「いや、嘘でもないよ」

「どっち?」

「多分、どっちもだよ。両立しているんだよ、きっと」

「両立?」

「そう、ぼくの考えでは、魅力というのは、恐怖から成り立っているんだ。だから、その人が魅力的だということは、ある意味で、その人の中にある『畏れ』が作用した結果なんじゃないかって」

「そう」

 優奈さんはそのまま黙りこくっていた。そして、トイレに行くと言って、席を立った。

 僕はほっと胸をなでおろした。

 危うく優奈さんを傷付けてしまうところだった。口は禍の元とはよく言ったものだな、と思った。

 それにしても、優奈さんは、基本的に優しくて大人しい性格をしているのに、唐突に、憎悪を剥き出しにすることがあった。

「死ね、か……」

 ――でも、まだ、死ぬわけにはいかないわな。優奈さんいるし。

 とか思いつつ、コーヒーを飲んでいた。

 店内の中の絵で、一つ目に留まったものがあった。

 それは、猫の絵だった。猫が三匹いる。

 黒猫、白猫、三毛猫だった。

 そして、三匹は、絵の真ん中で、みんな丸くなっていた。

 そこに、店長がやって来て、何やら絵の話を聞かせてくれたが、絵の造詣がない僕にはその話はよくわからなかった。ただ、三匹の猫が日向でぐっすりと眠っている、そのことがとても印象的だった。

 と、優奈さんが帰ってきた。

 すると、店長さんは、さっと帰っていった。達人級の素早さだった。

「私、いじめをまずなくしたい」

 と優奈さんは言った。

「いじめか。たしかに悲惨だよね。なくせるならなくせるに越したことはない」

「学校に警察置くとかどう?」

「個人的にはやめた方がいいと思うな」

「どうして?」

「だって、常に監視されてる感があってなんか嫌じゃん?」

「まあ、確かにね……でも、いじめがあるよりいいんじゃない?」

「難しい問題だね」

「じゃあ、生徒が自分で自警団作るとか?」

「できれば、その自警団を、上意下達的にでなくつくれればいいよね」

「上意下達……」

「お役所仕事みたいにじゃなく」

「それは言えてるね」

 優奈さんは紅茶に口をつけた。「じゃあ、どうしたらいいんだろう?」

「たくさん逃げ場を作ることじゃないかな? 何かあったらすぐ逃げ込める場所」

「どうやって?」

「たくさんの場所を作るとか」

「場所?」

「コミュニティ」

「たくさんのコミュニティ……でも、どれくらいのコミュニティ?」

「大小さまざまだね」

「あんまり、多すぎると、逆に選びづらそう。コミュニティ」

「そういう面もあるかもしれないね。ただ、少なくとも、逃げ場がないから、いじめがなくならないのかな、とは思うよ。だって、逃げられちゃったらいじめられないもん」

「じゃあ、学校を義務教育じゃなくすればいいんじゃない? そうすれば、みんな学校から逃げられる」

「それもひとつの手ではあるよね。でも、義務教育のおかげで、多くの人に知識が伝達されてる面もあるかも」

 優奈さんは眉をひそめた。「難しい」

「何をどうやっても、なにかしら問題出るよね」

「どうしたらいいんだろう?」

「多分、優奈さんみたいな人が増えれば一番いいんだよ」

 と僕は言った。

 優奈さんは目を丸くした。

「私?」

「そう」

 僕は頷くと、コーヒーカップをテーブルの上でくるくると回した。

「どうして、私が増えるといいの?」

「一概には言えないんだけど、優奈さんみたいに、色々なことを考える人が増えれば、何か変わると思うんだ。個人的には」

 優奈さんは何かを考えていた。唇を真一文字に結んでいる。

 ――一体何を考えているのだろう?

 それがとても知りたかった。しかし、僕には分からない。

「私じゃなくて、来栖君みたいな人が増えればいいんじゃないかな?」

 と彼女は言った。

「それは大変なことになるね。日本なくなっちゃうよ」

 と言って、僕は笑った。

「確かに」

 と言って、優奈さんは大げさに頷く。そして、笑った。ひまわりみたいな笑顔だった。

「ちょっとは、否定してくれてもいいのに」

「だって、本当のことだから」

「優奈さんは正直だね」

「……」

「……」

「死ね」

 と優奈さんは言った。

 優奈さんの憎悪噴出ポイントが今一つよく分からなかったが、慣れてきたし、僕はそのことについて不問に付することにした。

 僕も優奈さんも基本的に目に見えることしかわからないのだ。その善悪に関わらず。

 本当の僕も、本当の優奈さんも。

 僕にはわからない。

 しかし、通じ合うことは、どうやら可能のようだった。

 なぜって?

 現に僕は、優奈さんと一緒にいて楽しいからだ。

 いつかは終わってしまう関係かもしれない。

 しかし、今この時の、優奈さんや僕は、やっぱり、本物なのだ。

 僕は優奈さんを指さし、ふとその鼻に触れた。 

 優奈さんは驚いた顔をしたが、優奈さんは僕を指さし、僕の鼻にそっと触れた。

「なんか、ある意味、カップルみたいだね、僕たち」

「死ね」

 優奈さんはそう言って、にっこり笑った。

 

ぼやけて見えるのなら

目を閉じて構わないから

君が思うままに(40mp,『シリョクケンサ』,歌詞より引用)